コラム

複数のストリーミングチャンネル
動画制作・編集

【2023年最新】アニメーション動画でわかりやすく伝えよう!活用のメリットやおすすめの動画・映像制作会社をご紹介!

昨今、日本のサブカルチャーの原点であるアニメーションが世界的に注目を浴びるようになりました。
ここ数年、日本国内でも有名企業がテレビCMにアニメーション動画を起用するなど、
アニメーションが広告宣伝にも積極的に活用されています。
また、アニメーション動画はテレビCMだけでなく、Web広告やデジタルサイネージ、YouTubeやInstagram、TikTokの動画広告など、さまざまなメディアで日常的に目にするようになってきました。
さまざまなシーンで目にするようになったこともあり、
現在、アニメーションを使った広報活動や集客をしたいとお考えの企業担当者も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、アニメーション動画の概要、アニメーション動画のメリット・デメリットから
制作にかかる費用相場、具体的な事例まで詳しくご紹介していきます。
おすすめの制作会社もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

アニメーション動画とは

コンテ制作

アニメーション動画とは、イラストやグラフ、図形などに動きを付けて表現される動画全般を指す言葉です。複数の静止画を連続的に再生するテレビアニメの原点のような制作方法のものから、VFXを駆使した立体的な3Dアニメーションまでさまざまな種類のアニメーション動画が様さまざまな用途で活用されています。

アニメーション動画は、インパクトのある演出や楽しい雰囲気、ユーザーの心を惹きつける演出などが可能なため、多くの企業が注目している動画ジャンルの一つでもあります。アニメーション動画といわれてもあまりピンとこないという方のためにも、まずはアニメーション動画の種類について詳しく解説していきます。

アニメーション動画の種類

映像コンテンツとパソコン

アニメーション動画と聞くと、テレビで放送されているいわゆるアニメを想像する方が多いかもしれません。

しかし、アニメーション動画はいわゆるアニメのような二次元のキャラクターが、縦横無尽に動き回るようなものだけを指すわけではありません。

一般的に動画制作に関わる方が口にする「アニメーション動画」には、以下の種類が含まれています。

  • イラストアニメーション
  • ホワイトボードアニメーション
  • モーショングラフィックス
  • ストップモーション・アニメーション
  • インフォグラフィックス
  • 3Dアニメーション

それぞれどのようなアニメーション動画を指すのか、1つずつ解説していきます。

イラストアニメーション

テレビなどで放送されているいわゆるアニメと比べると、シンプルでデフォルメされたイラストが中心のアニメーションです。アニメーション自体をシンプルにすることで、視聴者が必要な情報に集中できる点が特徴です。

ホワイトボードアニメーション

現実のホワイトボードに、ペンで書いていく様子を模したアニメーション動画です。手やペンのアニメが画面上のホワイトボードに情報を整理しながら書いていくため、順を追って説明や解説が必要なものなどで効果的なアニメーション手法といえます。

モーショングラフィックス

一枚絵のような、いわゆるイラストを使用せず、文字・ロゴ・図形が動くアニメーション動画です。音と合わせてデザインされることが多く、ブランディングなど短い時間でユーザーに社名や商品名(サービス名)など、限られた情報を伝える場合に効果的なアニメーション動画です。

ストップモーション・アニメーション

いくつもの静止画を、コマ送りのように少しずつズラして作るアニメーション動画です。粘土で作られたキャラクターが登場するクレイアニメーションもストップモーション・アニメーションの代表例です。温かみのある動画を制作したい際などに用いられることがあります。

インフォグラフィックス

インフォグラフィックスは、エクセルの表やグラフ、図形といったものを動画にしたようなアニメーション動画です。いくつかのデータや数値を伝える際などに重宝されているアニメーション動画といえるでしょう。

3Dアニメーション

縦軸と横軸で表現されているアニメーションに、奥行の表現を追加して3Dで制作されたアニメーション動画です。立体的なものを表現できるため、商品の紹介動画などでよく活用されています。

このようにさまざまな種類の動画がまとめてアニメーション動画と呼ばれています。これらは、それぞれ異なった特徴をもっているものの、多くのアニメーション動画に共通の特徴やメリットも存在します。次にアニメーション動画のメリットについて詳しく見ていきましょう。

アニメーション動画のメリット

カメラで撮影している

アニメーション動画を活用する主なメリットは、以下のとおりす。

  • 情報が伝わりやすい
  • さまざまな表現ができる
  • アニメーションのキャラクターが使用できる
  • 柔軟に編集対応ができる
  • 実写動画と比べると安価である

それでは1つずつ解説していきます。

情報が伝わりやすい

アニメーション動画は、静止画と違い、登場人物や商品に動きや効果音・BGMといった音を付けることができます。

動画は静止画の何倍もの情報量をユーザーに伝えることができることに加え、視覚・聴覚両方から情報を伝えられるため、ユーザーにより正確な情報が伝わりやすいという側面もあります。また、アニメーション動画はストーリーを考えて制作することで、ユーザーが商品・サービスを使用しているイメージをより具体的に想起する手助けにもなります。

さまざまな表現ができる

テキストと静止画では表現できない行間や細かいニュアンスなども、アニメーション動画を使うことで表現ができます。

また、実写と違い、データ上でアニメーションを制作するため、物理的な制約を受けることがなく複雑な動きが表現できる点も魅力の一つです。そのため、ファンタジーな世界観やストーリーの動画制作とアニメーション動画は親和性が高いといえます。

アニメーションのキャラクターが使用できる

いわゆるTVアニメに登場するようなキャラクターを動画内で使用することができる点もメリットの一つです。有名・無名問わず、アニメキャラクターは多くのユーザーの目に留まりやすいため、実写動画と比べてもインパクトの強い動画を作ることができます。

柔軟に編集対応ができる

実写動画でいう撮影の部分が、ほとんどのアニメーション動画には必要ありません。そのため、途中で動画全体に修正が必要となった場合でも、元動画の撮り直しという最悪の事態は免れることができます。

場合によっては、非常に少ない工数でアニメーション全体の背景やキャラクターといった主だった部分も変更が可能な点は、アニメーション動画ならではのメリットです。

実写動画と比べると安価である

アニメーション動画には撮影という工程がほとんどないことは先ほど触れましたが、それはつまり、撮影機材もカメラマンも出演者も必要ないということです。動画制作において、これらのキャスティングはかなりの費用が必要なため、実写動画と比べると安価で動画制作が可能な点もアニメーション動画のメリットです。

このようにメリットの多いアニメーション動画は、一体どのように制作されているのでしょうか。自分で制作する場合、制作会社に依頼する場合、それぞれについて解説していきます。

アニメーション動画の制作方法 | ①自分で制作する

動画編集をしている

アニメーション動画を自分で制作する際、必要となるのは制作する動画の素材と、制作に必要となる機材(PC・編集ソフト、場合によってはカメラ・照明など)です。

まずは動画の企画を考え、これらを準備したうえで以下の流れで動画制作を行うのが一般的です。

  1. コンセプトを決定(企画)
  2. ストーリーボードを作成する(構成を練る)
  3. キャラクターデザインをする(必要であれば)
  4. アニメーションを制作する
  5. サウンドを制作する
  6. エフェクトを加える

これらすべてを自分で行う必要があるため、自分でアニメーション動画を制作する場合はある程度の時間が必要となります。そのほか、自分で制作する際のメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう。

自分で制作するメリット

アニメーション動画に限らず、動画制作を制作会社へ依頼せず自分で作る際の最大のメリットは、大幅なコストカットができる点です。動画制作はどのような種類であれ複数の工数が必要となる業務のため、依頼する際には一定以上のコストが必要不可欠です。

そのほか、自分で動画制作を行う場合は、時間の許す限り何度でも修正が可能なことや、外注するときのようなさまざまな制限がないことなどから、自由に動画制作が行える点もメリットといえます。

自分で制作するデメリット

アニメーション動画の制作には、一定以上の知識とスキルが必要となります。そのため、もともとプロとして制作会社でクリエイターに従事していた方でない限り、動画制作会社に依頼して制作された動画と比べるとクオリティが落ちることが最大のデメリットです。

また、どうしてもプロが制作するより時間もかかってしまうため、動画を活用したい時期が決まっている場合には注意が必要です。

アニメーション動画の制作方法 | ②動画・映像制作会社に依頼する

動画編集をしている

動画の制作を制作会社へ依頼する場合、自分で制作する場合とは違って準備するものはそう多くありません。動画制作の流れ自体は自分で制作する場合とほとんど同じですが、依頼元が行う工程はコンセプトやストーリーボードの共有、各種工程で仕上がったもののチェックバックくらいです。そのため、自身のリソースを大きく割かなくてよい点はありがたいところです。

そのほか、制作会社へ依頼する際のメリット、デメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

動画・映像制作会社に依頼するメリット

アニメーション動画制作を動画制作会社へ依頼する最大のメリットは、完成品のクオリティの高さです。また、自分で制作するよりも動画制作会社へ依頼したほうが、制作にかかる時間を短縮できる点もメリットの一つです。

単純なスキルの差ももちろんですが、動画制作に割けるリソースの量にも違いがあるため、急いでいる場合や動画の利用時期が決まっている場合などは、動画制作会社へ依頼する方法がおすすめです。

動画・映像制作会社に依頼するデメリット

対して、動画制作会社へ依頼する際の最大のデメリットは、必要となるコストが高いことです。専門の知識やスキルをふんだんに活用する業務でもあるため、安く動画を制作できる動画制作会社でも一定のコストは必要となります。

また、制作会社へ依頼する際は制作会社のフォーマットに従わないといけない場合や、対応している範囲に制限がある場合など、制作する動画にいくつか制限が設けられるケースも少なくありません。この自由度の低さも動画制作会社にアニメーション動画の制作を依頼する際のデメリットの一つといえるでしょう。

このように、制作会社へ依頼する場合でも費用の高さや自由度の低さなどいくつかのデメリットは存在します。とはいえ、自分(自社)でアニメーション動画が制作できる方(企業)は今でも多くないのが現実です。

そこで、動画制作会社へ依頼する場合のデメリットの中でも、多くの方が気になっているであろう依頼する際の費用相場について見ていきましょう。

アニメーション動画制作の相場はいくら?

白い背景にルーペと家と電卓が置かれている

アニメーション動画制作にかかる費用は、動画の長さやクオリティによってさまざまです。

一般的な相場としては、以下を目安にしましょう。

動画のクオリティ 費用相場
スライドショー風 100,000~300,000円
動きが多少ぎこちない 300,000~2,000,000円
テレビアニメと同品質 3,000,000円~

わかりやすく解説すれば、アニメーションは動きが滑らかになるほど、制作費用も高くなるということです。

その理由は、基本的に2Dアニメーションいわゆる手書きアニメーションは、動きを滑らかにするために「中割り」が必要になるからです。「中割り」とは、動きと動きの間を補完するための絵のことです。つまり、滑らかなアニメーションを作るためには「中割り」を大量に描く必要があるため、それだけ人件費がかかるのです。

また、動画のクオリティを上げるためにCGを必要としたり、声優を起用したりすると、さらに費用は高額になります。

アニメーション動画制作を依頼するためには、前提として大きな費用が必要ということを覚えておきましょう。

アニメーション動画の制作で実績があり、集客に強い動画・映像制作会社

スーツとネクタイを着用した人が透明のグラフを人差し指で指している

では、実際にアニメーション制作を行っている会社はどのようなものがあるのでしょうか。多くの実績を残している動画制作会社や集客の部分に強みをもっている動画制作会社をご紹介していきます。

Mチーム(MTEAM)

MTEAMのHP

Mチーム(MTEAM)は、当社(株式会社AtoOne)が運営する動画制作サービスです。当社では、あらゆるジャンルで動画制作から運営までワンストップで対応しております。

当社Webサイトでは、アーティストがライブパフォーマンスで使用するVJ(ビジュアルジョッキー)や、さまざまな企業様のサービス紹介などアニメーション動画の制作実績も数多く公開しています。豊富な実績からアカウント運用のお手伝いもさせていただけますので、アニメーション動画の制作やそれに伴ったアカウント運用でお悩みの方は当社ホームページよりお問い合わせください。

Crevo

CrevoのHP

Crevoは、表現の幅広さに定評のあるアニメーション制作会社です。その特徴は国内外のクリエイターとコネクションをもっていることで、その数はなんと7,000名以上にも及びます。多数のクリエイターが参画することで動画がワンパターンにならず、顧客のニーズに沿った独自の表現を可能としているのです。独自の表現が可能ということは、他社との差別化を行ううえでは欠かせない要素になります。企業の担当者も、すでに他社が行っている表現の二番煎じはやりたくないはずです。

企業のブランドイメージを確立し独自路線を歩みたい場合は、Crevoにアニメーション制作を依頼することで道が開けることでしょう。

FILM BANK

FILM BANK

FILM BANKは、わかりやすい動画によるターゲットへのアプローチが得意な会社です。

マーケティングとブランディングのノウハウがあり、消費者の購買意欲を高める動画作りに定評があります。そのため、商品のCMやWEBサイトに掲載する動画の制作依頼なら心強い味方です。過去の実績には、楽天市場、Yahoo!JAPANといった大手WEBサービスとの取引があります。

ネット広告やWEB集客を考えているなら、相談する価値がある会社といえます。

Imagination

Imagination

Imaginationは、5,000名を超えるクリエイターとコネクションをもった制作会社です。

分野の異なるクリエイターを抱えていることで、企画から制作・運用まで一貫して依頼することができるため、動画の知識がない企業でも安心して依頼できる会社です。とくに予算に応じた制作プランを提示してくれることに定評があります。

素人は希望予算でどこまでのクオリティが実現できるかわからないことが大半ですが、それを担当者がうまくサポートしてくれるでしょう。単なる動画制作だけではなく、動画制作に必要な企画、運用まですべて任せたいときは頼りになることでしょう。

プルークス

プルークス

プルークスは、アニメーション・実写を問わず幅広い動画制作を手がけている会社です。

動画マーケティングにも力を入れており、動画を使った集客のノウハウでは他社の追随を許さないものがあります。主な実績として、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモなど、誰もが知る大手企業との取引があります。単なるアニメーション制作会社の枠を超えて、ビジネスノウハウや高い営業能力がある証拠です。

アニメーションを使った動画マーケティングを考えているなら、真っ先に相談するべき制作会社といえるでしょう。

動画のワールド

動画のワールド

動画のワールドは、脳科学・マーケティング理論・行動心理学といった、アカデミックな知識をもとに動画を制作している会社です。そのため、芸術表現というよりも、ビジネス向けのアニメーションに特化している印象があります。

ただし、扱っている技術は幅広く、2D・3Dからイラストまで、多種多様な表現が可能です。SEOのノウハウもあり、WEB上で動画マーケティングを行うのであれば、頼りになる存在といえます。官公庁やTV局との取引実績があり、客観的な信頼度も高いです。扱っている商材や事業内容に応じて、どんな集客が可能か相談してみてください。

アニメーション動画の制作で格安な動画・映像制作会社

動画編集をしている

状況によっては、先にご紹介した制作費用の相場を用意できないこともあるでしょう。

しかし、アニメーション動画をあきらめられない場合もあるはずです。そのようなときに頼れるのは、相場よりも格安で引き受けてくれる動画制作会社です。クオリティや制作範囲に制限がある可能性もありますが、安価で動画制作会社をご紹介していきます。

ウェブデモ

ウェブデモ

ウェブデモは、社内外で扱えるビジネス動画に定評のある会社です。

昨今、YouTubeなどの動画でも使われるキャラクター動画制作ソフト「VYOND」の扱いに長けています。「VYOND」は、通常の手書きアニメーションよりも少ない工数でアニメーションを制作できるため、おのずと費用も格安になります。

ウェブデモでは動画制作者の育成も行っているため、長期的な費用を抑えるなら動画制作のノウハウを指導してもらってもいいでしょう。コスパの良いビジネス動画制作を考えているなら、ぜひウェブデモに依頼してみてください。

ムビラボ

ムビラボ

ムビラボは、株式会社フラッグシップオーケストラが運営する動画事業です。

制作費用の安さと月間納品数の多さに定評があり、その価格はなんと1本20,000円〜です。安価に大量の動画を制作してくれるため、短期的な事業などと相性がいいといえるでしょう。たとえば、新商品のPRのためにYouTubeを毎日更新したい、社内研修のためにテキスト動画が大量に必要、といったときに活用できます。もちろん、アニメーション動画の効果を実感するために1本だけ依頼してみるのもおすすめです。

状況に沿ったニーズに応えてくれるのが、ムビラボの特徴といえるでしょう。

モキュート株式会社

モキュート株式会社

モキュート株式会社は、コミカルでわかりやすい動画制作に定評のある会社です。

事前の打ち合わせで構成やイメージを伝えられるため、スムーズに要望通りの動画を制作してくれます。温かみのある動画制作に優れているため、観光用のPR動画やオリジナルのストーリー動画の依頼にぴったりです。BGMもオリジナルのものを用意してくれます。

低予算で単発の動画制作を考えているなら、ぜひ相談してみてください。

アニメーション動画の制作でゲーム関連に強い動画・映像制作会社

ビル群の上を撮影中のドローン

アニメーションといえば、ゲームの宣伝やゲーム内の演出動画で使われることも多々あります。ここでは、ゲーム関連に強い制作会社をご紹介していきます

Production I.G

Production I.G

Production I.Gは、アニメーション制作会社のなかでも実力派として知られていて、代表作に「攻殻機動隊シリーズ」などが挙げられます。

基本的にはTVアニメや映画を制作していますが、ゲーム用のOPアニメーションも手がけています。有名なのは、バンダイナムコエンターテインメントより発売されている人気RPG「テイルズシリーズ」のOPアニメーションです。圧倒的なクオリティで、ゲームの雰囲気を格段に押し上げています。

【番外編】個人クリエイターに依頼する

スーツを着用した人が他の人に紙を渡している

おすすめの制作会社を紹介しましたが、個人クリエイターにアニメーション制作を依頼するのもひとつの手です。

個人クリエイターへの依頼は、制作会社とは違ったメリットがあります。たとえば、費用が格段に安く済む点です。個人クリエイターならば、制作会社よりも安い相場で依頼を受けてくれる可能性が高くなりますが、TVアニメーションのような大作を依頼することは難しいでしょう。プレゼン用の簡易アニメーションといったレベルであれば、個人に依頼することを考えてみましょう。

次に大きなメリットとして、有名なクリエイターであればネームバリューを借りられるという点が挙げられます。インターネット上ではインフルエンサーに匹敵するほど影響力を持ったクリエイターが大勢います。そういったクリエイターに依頼すれば、動画の宣伝力も格段に高まるでしょう。

用意できる予算や企画の内容によっては、個人クリエイターに依頼することが最善の選択肢となるケースもあります。具体的な依頼方法は、下記の項目を参照してください。

クラウドソーシングサイトを利用する

個人にアニメーション制作を依頼するときのメジャーな方法は、クラウドソーシングサイトを経由することです。

各クラウドソーシングサイトには個人クリエイターが多数登録しており、応募者を募ることで好きな相手に依頼をすることができます。あらかじめ予算を提示することもできるため、予算交渉をする手間が省けるのもメリットといえるでしょう。クラウドソーシングサイトによっては、コンペ形式で作品を募ることも可能で、複数の作品からイメージにあったものを選ぶことができます。

制作会社への依頼ができない場合は、ぜひクラウドソーシングサイトを活用してみてください。

SNSで直接依頼する

有名なクリエイターに依頼する方法として、SNSから直接依頼する方法があります。

現在、クリエイターの大多数はTwitterなどを広報に使っているため、メッセージを送ることで商談を行えるでしょう。クリエイターによっては、SNSのプロフィール欄に連絡用のメールアドレスを掲載していることもあります。SNSのメディア欄を見れば、各クリエイターの実績も確認できるので、気に入った相手に依頼できるでしょう。

実力と人気を兼ね揃えたクリエイターにアニメーション制作を依頼するなら、SNSをチェックしてみてください。

アニメーション動画の事例

ロボットが本を読んでいる

ここまで、アニメーション動画について詳しく解説してきました。アニメーション動画についてよりイメージしやすいように、最後にいくつか具体的な事例をご紹介します。

INTER ROCK|Mチーム(MTEAM)

この動画は、当社Mチーム(M TEAM)が手掛けた、株式会社インターロックが提供するWebサイト制作サービスを紹介しているアニメーション動画です。

動画では、INTER ROCKのセールスポイントを5つの要点に絞って紹介するとともに、多くのシーンで初心者マークに目が行くようデザインすることで、Webサイト・ECサイト制作に不慣れな方でも使いやすいサービスであることを強調しています。また、動画の最後にはサービス名と合わせて「ホームページ制作・ネットショップ開設」とサービス内容を簡潔に表示することでユーザーにサービス内容とサービス名を印象付けるよう意識した構成になっています。

【株式会社ベアーズ様】プロモーション動画|Mチーム(MTEAM)

この動画も当社Mチーム(M TEAM)が手掛けた、家事代行サービスを提供している株式会社ベアーズのサービス紹介用アニメーション動画です。このアニメーション動画は、中央の「家事代行 ベアーズ」という文字の周囲を株式会社ベアーズのマスコットキャラクターが飛び回るという、少し変わったアニメーション動画になっています。

家事代行サービスは「家事代行」というサービス名からどのようなサービスを提供しているのか一目瞭然なため、あえてそのほかの情報を付け足さず「家事代行」と「ベアーズ」という社名のみを1分30秒表示し続けるという構成になっています。多くの情報を短い時間で届けられるアニメーション動画ですが、与える情報をあえて少なくすることで、伝えたい情報(この場合はサービス内容と社名)をより強くユーザーに伝えるという方法も効果的なアニメーション動画の使い方の一つです。

【TVCM】タクトホーム株式会社様_フルアニメーションブランディング映像30秒版

この動画は、タクトホーム株式会社の企業ブランディング用アニメーション動画です。

「100年つづく家を創るために」というタクトホーム株式会社のコンセプトをもとに、実際に家ができるまでの工程をそこに関わった人の表情に焦点を当てたアニメーションで描かれています。全編が柔らかいタッチのアニメーションで描かれていることもあり、誠実な印象も受けるアニメーション動画になっていることがわかるでしょう。

ピュレグミおまもり梅 応援ムービー|カンロ株式会社

この動画は、カンロ株式会社が公式YouTubeやWebサイトで公開している、ピュレグミおまもり梅のストップモーション・アニメーション動画です。

ピュレグミおまもり梅の「受験生応援」というテーマに沿って受験生の机を再現し、ストップモーション・アニメーションで商品が受験生に語り掛ける動画になっています。ストップモーション・アニメーションながら、商品のコミカルな動きとアコースティックなBGMから、受験生応援というテーマに合った温かい雰囲気の動画に仕上がっています。

まとめ

積乱雲のような空と雲のイラスト

今回はアニメーション動画について、その特徴と費用相場、おすすめの動画制作会社などをご紹介してきました。

最後にご紹介した事例からもわかるとおり、アニメーション動画はさまざまな業種・業態の企業に幅広い用途で活用されています。これからの時代はアニメーションを使った事業が盛んになることが予想されます。法人・個人を問わず、アニメーションをうまく使ったほうが生き残っていくことでしょう。

アニメーションを使った事業や企画を考えている方は、ぜひ本記事を参考に制作依頼をしてみてください。想像以上の反響が押し寄せ、アニメーションの凄さを実感できるはずです。

WEBでのお問い合わせはこちら