動画マーケティング

なんとかしたい!YouTubeのスパムコメントでお困りの方必見!

SPAMと書かれた郵便受けから大量の紙くずが出てくる
YouTubeのスパムコメントはチャンネル運営において大きな障害となりかねません。視聴者は動画の内容と合わせてコメント欄にも注目していますので、質の低いコメントが目立つとチャンネル全体の評価も下がってしまいます。チャンネルが大きくなるほど、それに伴いコメント数も増えます。対策を行うことは必須になっていきます。一見、マイナス要素しかないスパムコメントですが、正しく対処することによってコメント欄をコントロールして、視聴者の質を上げることにもつながってくるのです。
今回はYouTubeのスパムコメントの全容と対策について紹介します。YouTubeのチャンネルを運営している方、スパムコメント対策に悩む方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

YouTubeのスパムコメントで困ってませんか?

困った顔でスマートフォンを見る女性

突然出てくる、スパムコメントに頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?スパムコメントで溢れてしまうと、視聴者の印象も下がってしまいますし、あまりにも心無いコメントが目立つと動画投稿のモチベーションまで奪ってしまうものです。動画の再生数アップ対策をするように、平行してスパムコメント対策も重要です。これを機にスパムコメントについて理解を深めておきましょう。

そもそも「スパム」とはなんでしょうか?「スパム」というものはインターネットに接続している以上避けて通れないキーワードであり、関連度の高いものとなっています。特に匿名で利用できるサービスであったり、メールアドレス1つでアカウントを作成できるサービスでは、一定数のスパムは発生すると考えておくべきです。各サービスの提供元でももちろん認識し、対策をおこなっていますが、YouTubeのアカウント数が圧倒的に多いために、1つ1つ対応しきれていないというのが現状と言えるでしょう。

YouTubeでもスパムコメントに対処する機能は存在していますが、あくまでもユーザーが使いこなせる必要があるものです。それぞれがスパムに対して理解を深めて対処をしていくことが大切です。ただし、スパムコメントの対応に追われてしまい、動画の更新に障害が出てしまうことだけは避けたいところです。まずは投稿ありきですが、どちらも並行して進めるべきでしょう。

そもそもYouTubeのスパムコメントってどんなもの?

タブレットを操作する様子と、その上にSPAMと文字が浮かぶ

YouTubeにおけるスパムコメントは、例えば「誹謗中傷」、「アダルトな内容」、「同一内容のコメントを繰り返す」、「動画内容と無関係」など、チャンネル運営の妨げとなるものです。スパムには、同一の内容を他の動画にもコメントしたり、他のユーザーを煽ったりと悪質なものまで存在しています。

どのような処置をとるべきか、最も良くないことはスパムコメントを放置してしまうことです。善良な視聴者からの評価も落としてしまいかねません。いずれにせよ、まずはスパムコメントについての理解を深めるところから始めましょう。

悪質なコメントの中には、チャンネル自体を批判したり評価を下げる内容の投稿も存在しています。動画に出ている人物を批判したり、差別したり、心無いコメントもありますので、そのようなコメントはまともに受け取らないことが重要です。インターネット上の掲示板に自由に書き込まれている程度の認識でとどめておくようにしましょう。

コメント欄は多数の人が書き込みをしますので、良い人も悪い人もいるのは当然です。ポジティブなコメントは素直に受け止めてもいいですが、ネガティブなものはスルーして受け流す心構えも必要となってきます。

スパムについての補足情報

そもそも、スパムという迷惑な行為は今に始まったことではありません。1978年アメリカにて、インターネットの起源とわれているARPANET(アーパネット)を通して393名にスパムメールが送られたのが最初のスパム行為とされています。その後、インターネットの普及に伴い、1994年ごろから電子メールが一般家庭で使われるようになり世界全体として、迷惑メールという言葉も有名になりました。文章だけでなく、広告媒体として画像や添付ファイル、URLを送信されるようになったことから、ユーザーの迷惑となる行為をスパムと言うようになりました。

このことから、YouTubeでもコメント欄を使ったスパム行為が出てくるようになったのは、ある意味当然の流れと言っても良いでしょう。日本では、過去に億単位の迷惑メールを不特定多数のメールアドレスに送信したことで、逮捕者が出たという事例もありますが、YouTubeではチャンネルをスパムから守るには自分自身で対処を実行していかなければいけません。インターネット接続をしている以上、特にYouTubeのチャンネルを運営をする以上は、スパムは避けて通れないものということは覚えておきましょう。

YouTubeがスパムコメントと判断するポイント

吹き出しの中のビックリマーク

YouTubeでは【コメントのテキストまたは特定のコメント投稿者の行動に基づいてスパムを検出しています。たとえば、コメントを繰り返し投稿すると、スパムとして検出される可能性があります。】と明記されています。

どのようなシステムになっているかはセキュリティ上公開されていませんが、YouTubeでもシステム上スパムの対策はおこなっています。また、動画投稿サービスの傾向上、誹謗中傷」、「アダルトな内容」、「同一内容のコメントを繰り返す」、「動画内容と無関係」といった内容はスパム扱いされるケースが多いです。

迷惑行為であるスパムは数値で測ることができないため、判断基準が難しいと言われています。サービスによってその基準も異なりますが、YouTubeではアカウントごとに投稿者の内容を検知し、スパムをおこなっている人物に制限をかけてくれることがあります。

ただし、重要なのはYouTubeはアカウントごとに管理されているということ。1つのアカウントを制限されたあとに、アカウントを新規作成してスパム行為を繰り返すという行為をされた場合、YouTubeでは対処してくれないとも言えるでしょう。また、どのような基準でスパムコメントの判断になるのか明かされていませんので、YouTubeの運営任せにしていると、スパムコメント対策は十分ではないと考えておきましょう。

YouTubeのスパムコメント防止策

ドミノを途中で止める

スパム行為を止めるということはできませんが、YouTube上でスパムコメントに対しての防止策を行うことは可能となっています。大きく分けて4つの防止策がありますので紹介します。

①投稿されたスパムコメントを手動で「削除」を行う

最もスタンダードな形がコメントを手動で削除してしまおうというものです。

コメント履歴へ移動し、コメント欄横にある「その他のアイコン:」をクリックし、[削除]をおこないます。コメントごとに対処をおこなわなければいけませんが、投稿されたコメントは確実に削除できます。動画ごとの対応も必要となるので、労力はかかりますが、確実にそのコメントを撃退できるので効果は大きいです。

②YouTube Studio でコメント投稿者をブロックする

スパムコメントが多すぎる場合には、ユーザー単位でのブロックが有効です。コメント投稿者のチャンネル ページのチャンネルURLを確認し、YouTube Studio を開き、[設定]、 [コミュニティ]の順に進みます。[非表示のユーザー] ボックスにチャンネル URL を貼り付け、[保存] を選択します。

ユーザー自体を非表示にすることによって、同一人物からのスパムコメントを防ぐことができます。コメント単位では防ぎきれない際に活用できる機能です。ブロックしたユーザーからのコメントは今後防ぐことができるという大きなメリットがあります。

③コメントの投稿に制限をかける

投稿されるコメントをコントロールできるようになります。YouTube Studioにて「すべてのコメントを保留にして承認」に設定することによって、コメント欄に掲載されるコメントを選ぶことができます。コメントごとにチェックし、振り分けをしなければいけないのでかなりの労力が必要となりますが、コメント欄が荒れることを防げます。

また、YouTube Studioでは単語ごとにブロックできる機能もありますので、コメント欄に掲載したくない単語があれば、ブロックリストに追加しておきましょう。特に単語でブロックすることによって、自身で防ぎたいNGワードを防ぐことができるので効率的です。スパムコメントにありがちなワードがわかっていれば、手早く回避できますし、それによりチャンネル自体の質が低下することも防げます。

コメント欄は、ユーザーも何かと注目することの多い場所です。うまくコントロールすることによって、正常なチャンネル運営が行えるだけでなく、チャンネルの印象アップにもつなげることができます。

④コメントをスパムとして管理する

悪質なコメントをYouTubeに報告できる機能です。コメントに対して[報告] > [商業目的のコンテンツやスパム] > [報告]と操作を行うことで、コメントをスパムとして扱うことができます。スパム報告されたコメントは「確認のための保留中」という状態にできます。ただし、確認をするのはYouTubeの運営となりますので、すぐにでも対処を行いたい場合には報告ではなく、自身で対処を行うことがお勧めです。

注意としては、YouTubeのスパムに対する規約が変わることで、スパムの基準も変わることが想定される点です。規約の変更が合った場合には必ず目を通すようにしておきましょう。

YouTubeのスパムコメントと判断されてしまったら?

しかめ面でスマートフォンを見る男性

ここまではチャンネル運営をしている側のお話でしたが、逆にコメント投稿者の立場でも知っておくべきことがあります。スパム行為をするつもりはなくても、スパムコメントと判断されてしまった場合の対処策はあるのかという部分です。

結論から言うと、1度スパム扱いをされてしまうとコメント投稿をしたユーザーとしての解決策はありません。何故スパム扱いされてしまうかの詳細は、YouTubeの運営またはチャンネル運営者にしか分からない部分だからです。

それでもどうしてもコメントをしたいという場合には、アカウントを新規作成する必要があります。仮に、同じアカウントのままスパム扱いを受けている動画に対してコメントを使用とした場合、エラー表示によってコメント投稿ができなくなります。YouTubeの運営、チャンネルの管理者に権限がある部分となりますので、アカウントあるいは特定のチャンネル、動画に対してコメントができなくなってしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

ただし、悪質な連投であったり動画を否定する内容など、よほどのことがなければコメントがスパム扱いされることはないはずです。疑心暗鬼になってまでコメントを投稿する必要はありません。

スパム扱いされているのか確認する方法はあるの?

結論から言うと、自身がスパム扱いをされているかどうか確認する方法はありません。インターネット上どのようなサービスにも共通していますが、セキュリティ上スパムやアカウントの制限に関することが公開されることはほとんどありません。公開してしまうとセキュリティの意味がなくなってしまい、サービス全体の質が下がってしまうためです。

もし心当たりがないのにスパムと判断されている心配があるときは、環境に起因する要因も考えられます。当たり前ですが、YouTubeのコメントはインターネットを介して行います。ブラウザのキャッシュやcookieが原因になっている可能性もあります。その場合は、「キャッシュをクリアする」、「cookieを許可する」を行ってみましょう。端末が起因となっている場合には、「別のデバイスでコメントを試す」などを最低限行ってみましょう。

これらを試してもコメントができない場合は、残念ながらスパム扱いを受けてしまっている可能性があります。コメントをしたい場合は、アカウントを新規作成し新たにYouTubeを使い始める必要があります。

まとめ

スマートフォンを手にする女性

YouTubeのスパムコメントについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。対処は大きく分けて4つ。投稿されたスパムコメントを手動で「削除」を行う、YouTube Studio でコメント投稿者をブロックする、コメントの投稿に制限をかける、コメントをスパムとして管理する、というものがあります。YouTubeの運営にもスパムの報告を行うことはできますが、自身で理解をしてスパムの傾向に合わせて対処方を使い分けていくのが最も効果的です。

チャンネルの運営を妨げるスパムコメントはマイナスな要素しかありませんが、放置をしてしまうとマイナスが増え続けるばかりです。正しい知識をもって対処していきましょう。

状況に応じて各機能を使い分けて、最終的にはコメント欄をある程度コントロールできるようになると、チャンネル全体の印象アップにもつなげることができます。スパムコメントにマイナスの感情を持ちすぎずに冷静に対応していきましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら