動画マーケティング

基礎から解説!YouTubeのアルゴリズムを理解しよう!

女性がノートパソコンを操作するイメージ図
誰もが発信力を持てる時代になり、YouTubeで動画配信を始めた方も多くいると思います。これまではエンタメ系の市場としての役割が大きかったですが、現在ではビジネスとして本業や副業の収益を増やすために始めた方も多いでしょう。
そこではじめに直面する悩みが「再生回数が伸びないこと」です。YouTubeで稼ぐためには再生回数を伸ばさなければなりません。そこでただ闇雲に動画を配信するのではなく、YouTubeのアルゴリズムを理解することで飛躍的に再生回数を伸ばすことが可能になります。
今回の記事ではYouTubeのアルゴリズムの基礎から解説をしていきます。これからYouTubeを始めようと考えている方、現在自分のチャンネルが伸び悩んでいる方はぜひ参考にして見てください。

YouTubeのアルゴリズムとは?

algorithmsと印字された木のブロック

YouTubeのアルゴリズムとは、視聴者がYouTubeに長い時間滞在してもらうために、一人一人の趣味嗜好に合わせて表示させる動画を最適化をする仕組みのことです。ユーザーをより長くYouTubeに滞在させることができる良質な動画に法則性を付けて上位表示をさせるようにしているのです。

YouTubeでは、ブログやアフィリエイトサイト等のSEO対策と同様にアルゴリズムがあります。(SEOとは検索エンジンに対して自分の発信するサイトを上位表示されるための対策のことです。)YouTubeでもブログ等と同様にSEO対策をしなければなりません。YouTubeでもアルゴリズムを理解してチャンネル作成をすれば自分の動画がより多くのユーザーに見てもらえることができるのです。

そもそもYouTubeはどんな動画を上位に上げたいのかを理解する

そもそもアルゴリズムを理解する上で重要なことが、YouTube側がどんな動画配信を求めているかを理解することです。一言で表すと、YouTube側が求めるものとは、視聴者を長時間YouTubeに滞在させてくれる良質な動画です。YouTubeの運営側は、視聴者ができるだけ長くYouTubeに滞在してもらうために、良質な動画を優先的に表示させるようにするのです。もちろん、人気の動画だからといって全ての人にウケが良いとは限りません。そこで視聴者が検索するジャンルやよく見ているジャンルの動画を分析し、一人一人の趣味嗜好に合わせておすすめの動画が表示されるようにアルゴリズムという仕組みがあるのです。

チャンネルはアルゴリズムがあることを理解して作る必要がある

この後でアルゴリズムで重要とされるポイントをお話ししますが、ここではシンプルにチャンネルを作る前に何をする必要があるかをお話しします。YouTubeはユーザーの滞在時間を長くする為に、個人の趣味嗜好に合わせた動画を表示させていると説明しました。そこでチャンネル作りの基本的なポイントは、誰に向けて配信をしているチャンネルなのかを決めることです。

テーマを決めて一貫した配信をすることで、視聴者の滞在時間を伸ばすことが可能になります。そうなればYouTubeからユーザーの滞在時間を長くさせてくれる優良な動画と認識してもらえますよね。ビジネス系の動画がテーマになっているチャンネルかと思いきや、エンタメ系の配信が多ければユーザーはすぐにチャンネルを離れてしまいます。まずはテーマを決めていくことが重要です。

チャンネル作りのポイント

テーマを決めた後のチャンネル作りの基本的なポイントを簡単に説明をしていきます。

  • テーマに沿った検索キーワードを考える
  • テーマに合わせたチャンネルの概要欄を作り込む
  • キーワード毎に動画を作成する
  • タイトルとサムネイルにキーワードを入れる
  • サムネイルを作り込む
  • 定期的に配信する

自分の配信するジャンルやテーマが決まったら、そのテーマの動画を見てくれる人がどんな動画を見たいのか想像をしてキーワードを考えましょう。どれだけ多くの人が、自分の狙っているキーワードを検索してくれるかを想像するところがポイントです。検索する人が多いほど自分の動画を見てくれる人が増えます。そして、キーワードに合わせて動画内容とタイトル作成をしていきます。

次に、サムネイルに狙っているキーワードを含ませ、ユーザーの目を惹くような作り込みをしましょう。検索上位表示されても動画を見てもらえなければならないので、サムネイルは重要です。ユーザーに自分の動画とチャンネル概要を見てもらい、ユーザーの需要を満たせる動画であれば、再生時間やチャンネル登録者数を増やすことができます。このチャンネルの作り込みがブレてしまうと、チャンネル再生数と登録者数が伸びずにアルゴリズムに良い影響を与えることができないのです。

YouTubeのアルゴリズムが与える影響

より大きな球で衝突させるシーン

YouTubeのアルゴリズムに最適化されることで再生回数が大きく可能性があります。アルゴリズムに最適化された動画には以下のような影響が出ます。

  • 他のYouTubeチャンネルの関連動画への表示
  • 検索順位で上位表示される
  • ユーザーにパーソナライズされたおすすめ動画への表示

YouTubeで再生回数を伸ばすためには、関連動画への表示が重要になります。関連動画は自分と同じジャンルやキーワードの配信動画に表示されます。すると、同じジャンルの他チャンネルを視聴しているユーザーが流れてくる可能性が高まります。視聴者の関心度が高いので良質な動画と判断されればチャンネル登録をしてもらえるケースも多いです。

また、検索ページで上位表示がされることで視聴者流入を見込むことができます。どのキーワードで検索をされるかを想像してタイトル決めをすることもポイントです。1度でも自分の動画が視聴されることで、視聴者のYouTubeトップページにおすすめ動画として出てくる可能性が高まります。継続的に配信をしなければ表示がされなくなってしまうので注意をしましょう。

YouTubeのアルゴリズムはアップデートする?

Updateと書かれた矢印が置かれたデスク

ブログやアフィリエイトサイトのSEOでは、Googleアップデートによるアルゴリズムの変動が、検索順位に大きな影響を与えることが頻繁にあります。ではYouTubeのアルゴリズムは同じようにアップデートするのでしょうか?結論から言うとYouTubeもアルゴリズムの変動はあるものの、Googleのアップデートほど大きな変動はないです。

Googleのアルゴリズムの変動での大きなポイントは、より専門的で正確性のあるサイトが評価される傾向になっています。そのような点で、権威性の高い公式サイトや専門サイトが上位表示されやすくなり、ブログやアフィリエイトサイトは大きな変動を受けることが多くあります。

一方YouTubeのアップデートでは、よりユーザーが楽しめるようにパーソナライズされるアルゴリズムに変動してきています。関連動画やおすすめ動画機能が拡充され、より細かい動画提案がされるようになっています。ユーザーの滞在時間や関心度が高い動画が表示されるような仕組みになってきていると言えるのです。しかし、本質的にはユーザーの滞在時間を長くしてくれる動画が好まれることは変わりません。

アップデートに影響をされにくい動画は

YouTubeのアップデートはユーザーへのパーソナライズ化が細かくなっている部分が大きいものの、本質的な部分は変わりません。

そこでアップデートに影響されにくい動画のポイントは

  • チャンネルテーマに沿った動画配信がされており、ユーザーの支持が高い
  • ユーザーの需要を網羅している
  • キーワードに沿った動画内容やサムネイルになっている
  • ユーザーの離脱率が少ない
  • 評価やコメントなどのユーザーのエンゲージメントが高い

このようなことが挙げられます。やはり基本はユーザーからの指示が高く、再生時間が長いことです。YouTubeのアルゴリズムでは、よりユーザーの趣味嗜好に合わせた動画が表示されるため、一貫したテーマで、そのユーザーが好む動画を配信し続けているチャンネルが表示されやすくなります。

中にはパーソナライズ化が進んだことで、これまであまり注目されなかった専門性が高い動画が一部のユーザーに表示されやすくなる場合もあります。ユーザーの需要を網羅して、キーワード選定やサムネイルが作り込まれた動画はアップデートでも影響されにくいと言えるでしょう。

YouTubeアルゴリズムで重要とされるポイント

ポイントと印字された木のブロックを人差し指で指差す様子

では自分のチャンネルのどのような点がYouTubeのアルゴリズムに評価されるかを見ていきます。

主に以下のような点が評価されます。

  • 総再生時間
  • 再生回数
  • チャンネル登録者数
  • チャンネル滞在時間
  • 評価・コメント

視聴回数やチャンネル登録者数だけでなく、総再生時間やユーザーのチャンネル内の滞在時間が長い動画が評価される傾向があります。また、エンゲージメントが活発な動画も評価され、短い再生時間でも高評価やコメントが多い動画も評価されます。

ただし、ジャンルによってどこが大きく評価されるかは異なってくるので一概には言えない部分があります。なぜならニッチなジャンルであれば、そもそもチャンネルを登録する人が少ないからです。それゆえ、視聴者維持率が高くユーザーの滞在時間が長いチャンネルであればチャンネル登録者数が少ない動画でも評価されることがあります。

YouTubeのアルゴリズムに最適化する方法

ここでYouTubeのアルゴリズムに最適化するために、自身でユーザーの獲得やチャンネル内の滞在時間を伸ばすポイントをお話しします。ここで重要なことは、ユーザーが興味のある動画を簡単に見つけることができるかどうか、つまりユーザービリティの向上が自身のチャンネル内でできているかどうかです。

ポイントは以下のようになっています。

  • タイトルとサムネイルに狙ったキーワードを入れてユーザーの気を惹く
  • 概要欄を作りこみチャンネル説明や関連動画を載せる
  • タグを活用する
  • カードをつける
  • 終了画面をつける
  • 再生リストを作る

ではそれぞれ見ていきましょう。

タイトルとサムネイルに狙ったキーワードを入れてユーザーの気を惹く

前半にも伝えましたがここはかなり重要になります。ユーザーの検索から直接流入させることができるので、ユーザーがどんなキーワードで検索するかを想像してタイトルを決めましょう。そして、サムネイルもタイトルとは別の表現でキーワードを含ませた文字入れをしましょう。サムネイルは動画の顔になるので、思わずユーザーがクリックしたくなるような文章を入れます。タイトルとサムネイルは動画の内容を短文で表すものです。盛りすぎたタイトルは閲覧後の離脱率を高めるので注意しましょう。

概要欄を作りこみチャンネル説明や関連動画を載せる

概要欄では動画内容の補足やチャンネルの説明を端的にします。また、関連動画を概要欄に差し込むことで、これまでに作成した動画に送客し滞在時間を長くすることができます。ユーザーのチャンネル内の滞在時間が長くなると評価が上がるため、概要欄も手を抜かないようにしましょう。

タグを活用する

YouTubeでも他のSNS同様にハッシュタグをつけることができます。このタグをつけることで関連するキーワードをユーザーが検索した時に表示されやすくなります。例えば、貯金に関する動画配信をしているのであれば、#貯金や#節約といったビックワードから#貯金手取りなどのロングワードも合わせて入れると良いでしょう。しかし、関連性のないハッシュタグの乱立は逆効果になるので注意をしましょう。

カードをつける

動画を閲覧していると、動画の右上に横長のポップアップが表示されることがありますよね。これをカードと呼びます。カードには複数の種類があり、目的により使い分けます。カードを適切に利用することで、他の動画へ促したり、関連するサイトへ誘導することも可能です。

終了画面をつける

最後まで動画を閲覧すると、終了画面にそのチャンネル内の関連動画が表示されることがありますよね。YouTubeではこの終了画面を設定することができます。最後まで動画を見てくれるユーザーはあなたの動画に興味を持った方が多いはずです。そこで最後に関連性の高い動画を表示させれば、チャンネルの総再生時間を伸ばすことができます。チャンネル登録を促す表示もできるので、終了画面を有効活用しましょう。

再生リストを作る

チャンネルの動画が多くなると、新規ユーザーがあなたのチャンネル内で興味のある動画を探しにくくなります。そこで行うことが再生リストの作成です。再生リストとは、カテゴリーごとに動画を振り分けることです。リストを作ることで、新規ユーザーがあなたのチャンネルに興味を持った時に、興味のあるカテゴリー動画を簡単に調べることができます。

振り分ける再生リストのタイトルもキーワードを含ませるようにしましょう。例えば「貯金方法・節約術・副業」など狙っているキーワードごとにリストを分けるとユーザーも興味のある動画を探しやすくなります。

アルゴリズム対策としてやってはいけないこと

アルゴリズムで重要なことは再生回数や再生時間だと言われると、どうしても視聴者を釣ってしまうようなことをしてしまいがちです。そこでYouTubeで再生回数を伸ばすためにやってはいけないポイントがいくつかあります。以下のようなことをしてしまうとユーザーからの低評価が付き、動画が表示されにくくなったり、最悪アカウトが削除されてしまうので注意をしましょう。

  • ガイドラインに違反した動画を配信しない
  • 倫理的に反している動画を配信しない
  • タイトルやサムネイルを盛りすぎない

基本的なことですがガイドライン違反したことや倫理的に悪いことを配信することはやめましょう。一時的に炎上する形でバズることがありますが、アカウントの凍結や削除がされます。またそのような動画が伸びても広告が付かないので稼ぐことができません。

また、タイトルやサムネイルを極端に盛りすぎないようにしましょう。タイトルと動画内容が合っていないと、ユーザーの離脱率や滞在時間が短くなるので再生時間が稼げません。低評価が付く可能性も高くYouTubeのアルゴリズム上での評価も下がってしまうので逆効果になります。

YouTubeのアルゴリズムを気にするよりも、良い動画を作ることが大事?

GOODとBETTERのサイン

結局のところ、初めからお伝えしているように、重要なことはユーザーの滞在時間を伸ばせる良質な動画を作ることです。アルゴリズムへの対策をすることは、あくまでもユーザーの関連動画や検索順位に上位表示される手段であり、根本的には再生数や再生時間が伸びなければ上位表示され続けることはできません。たまたま配信した動画がバズって上位表示される可能性ももちろんありますが、そこから再生時間やユーザーからの良いエンゲージメントを得なければならないのです。YouTubeのアルゴリズムは本質的な部分は変わりません。ユーザーが期待する動画を継続して配信し続けることができれば、成果を上げることができるでしょう。

良い動画を作るためのポイント

ここまでは、チャンネル作りのポイントやアルゴリズムに最適化するためのポイントをお話ししましたが、ここではテクニックではなく単純に良い動画を作るためのポイントを簡単にお伝えします。

  • 自分の得意なジャンルを選ぶ
  • そのジャンルに対してユーザーがどんな悩みや需要を持っているかを考える
  • ユーザーの見やすい動画を作る
  • 定期的に配信をし続ける
  • ユーザーの反応を分析し改善をしていく

やはり良質な動画を作るには、得意なジャンルを選んだ方が、コンテンツの質も継続性も上がるでしょう。そして、自分のチャンネルを見てくれるユーザーがどんなことを期待しているのかを想像してキーワードやコンテンツ内容を決めましょう。

動画のカットやテロップ入れなど、ユーザーがストレスなく最後まで観れる動画を作ることも重要です。ユーザーの反応にしっかり応えて制作と改善を繰り返していけば、自然とアルゴリズムに適応することができるでしょう。

すぐに成果を出したいのであれば広告を出そう

すぐに再生数や再生時間を稼ぎたいのであれば、広告という形で自分の動画を上位表示させることができます。もちろん広告なので費用がかかりますが、企業PRを目的とする動画配信であれば検討をしても良いでしょう。

YouTubeを視聴していると『広告』と記載された動画が出てきますよね。あのように自分の動画をターゲットに合わせて表示をすることができます。ターゲット範囲によるクリック単価とクリック数で料金が変動します。費用はかかりますが初期段階で狙っているターゲットにリーチできるので、良質なコンテンツが作れれば費用対効果は高いでしょう。

まとめ

バイナリのコードイメージ

YouTubeのアルゴリズムは、Googleのアルゴリズムと比較すると煩雑さは少なく、現在のところ変動は少なめと言えます。また、Google検索と同様、本質的にはユーザーの動画滞在時間を伸ばしてくれる良質なコンテンツが評価される点は変わりません。YouTubeは短期的に成果が出るものではありません。しかし、需要が高く質の良い動画を継続的に配信し続けることができれば成果が上がりやすいです。アルゴリズムを理解して対策をすれば、その分早く結果にも繋がりやすいです。今回の記事を参考に、まずは基本的な対策をしてみてください。

WEBでのお問い合わせはこちら