動画マーケティング

効果倍増!?YouTubeの関連動画対策を行う効果から施策まで徹底解説

たくさんの画像を前にする複数の人
YouTube動画を長時間に渡って見続けてしまったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?その理由の1つとして、関連している動画を表示する「関連動画」という仕組みがあります。ジャンルやキーワードに関連する動画を表示することで、次の動画を開いてしまう流れを作るというのがYouTubeの関連動画の概要です。動画再生数を稼いだり、チャンネル登録につながりますので、関連動画対策をすることがYouTubeの動画をアップロードする上で非常に重要な要素となっています。
今回はYouTubeの関連動画対策にスポットを当てて紹介しますので、今後の動画のアップロードの参考にしてみてはいかがでしょうか。

YouTubeの関連動画とは?どんな動画が表示される?

「what」と書かれたテキスト

大前提として、YouTubeを利用している傾向によって表示する「関連動画の特性は異なる」ということを理解しておく必要があります。ユーザーが好むジャンルやキーワードはそれぞれ異なりますので、表示される関連動画もユーザーごとに異なるということを覚えておきましょう。

例えば、野球に興味を持っているユーザーが「野球のスーパープレイ」という動画を見ていた場合、関連動画には「野球のホームラン集」、「野球の三振集」など野球に関する動画が表示されることになります。野球に興味を持っているユーザー向けに、野球関連の動画の再生を促す形となるので、自然と再生されやすい環境が作れるというわけです。

ここでは野球という例を出しましたが、日々YouTubeを利用しているユーザーが見ている動画のジャンルや検索するキーワードによって、関連動画は変化していきます。そうした関連動画の特性をしっかり理解しておくことが大切です。特性を理解し、アップロードする動画にも関連動画対策を行うことが、チャンネル登録者数を増やしたり、動画再生数を稼ぐことにもつながります。

他のチャンネルの動画と類似の動画は関連動画に表示されやすいのですが、同じチャンネル内で再生回数が多い動画は、関連動画として表示されやすいという傾向もあります。人気の動画がユーザーの目に触れやすいというのはインターネットの人気のWebサイトと同じ挙動を示しますので、基本的な部分は覚えておくようにしましょう。

YouTubeの関連動画のアルゴリズムは変わる?

「ALGORITHM」のメモが書かれたノート

アルゴリズムとは、コンピューターが計算するときの計算方法を示しています。例えば、Google検索を利用したときに特定のキーワードをもとに、表示されるWebサイトを上位表示するものが、アルゴリズムという言葉が良く使われる事例です。YouTubeの関連動画も同様に、このアルゴリズムをもとに関連動画の表示をおこなっています。

アルゴリズムを知ることで関連動画を攻略できるのですが、残念ながら、YouTubeの関連動画のアルゴリズムは「非公開」ですので、対策をする中で傾向を掴んでいかなければいけません。仮にアルゴリズムが公開されてしまうと誰しもが関連動画対策をおこない、本来表示されるべき正しい関連動画が表示されなくなってしまいサービスが保てなくなるためとも言えるでしょう。

インターネットやデバイスが日々進化していくように、YouTubeの関連動画のアルゴリズムも日々アップデートされているということを覚えておきましょう。そのうえでアルゴリズムの傾向を少しでもつかみ、関連動画の対策をおこなっていくということが大切です。Googleアルゴリズムの傾向としては「野球ホームラン集1」「野球ホームラン集2」など、続編動画であることを分かりやすくしてあげると、関連動画として表示されやすくなりますので、タイトルの重要性についても抑えておきましょう。

YouTubeの関連動画対策を行う効果とは

スマイルマークの書かれた木のブロックが5つ並ぶ様子

YouTube動画の再生回数を増やすには、質の高い動画をアップロードするということは大前提です。そのうえで、プラスアルファーとして関連動画対策を行うようなイメージとなります。YouTubeの動画への流入の7~8割が関連動画からとも言われていますので、動画の質を上げると同時にアップロード時に関連動画を意識していきましょう。

大きく分けてYouTubeの関連動画対策としては3つ、詳しく紹介していきます。

【YouTubeの関連動画対策で得られる3つの効果】

  • 動画のブランディングがしやすい
  • ユーザーの流入を期待できる
  • アップロード済み動画への相乗効果を期待できる

動画のブランディングがしやすい

関連動画対策では、ジャンルを絞った形で対策をおこないます。ある程度動画のジャンルを絞ることによって、キーワードやコンテンツの中身を決めやすくなります。普段からジャンルを意識することによって、将来的にどんなジャンルで勝負できるのかも自然と定まってきますので、動画の更新の負担を減らすことにもつながります。動画コンテンツの制作スピード、編集スピードも自然と上がってきますので、スピード感が生まれ、漠然と時間だけを消費するということを回避できます。

ユーザーとしても特定のジャンルに興味を持って動画を再生できるので、チャンネル登録をおこないやすく、日常的にアップロードした動画を見てもらえる確率も大幅にアップします。関連動画対策を日ごろから意識付けておこなうことによって、全体的な動画の制作効率もよく捗るケースが多いでしょう。

ユーザーの流入を期待できる

関連動画対策をおこなうと動画がユーザーの目に触れる機会が増えます。何も対策していなければ、再生してもらえる可能性が無かった動画にもチャンスが生まれ、動画の視聴回数をアップできます。

1度対策をしておくと、不特定多数のユーザーに、半自動的にYouTube側がサービスとして関連動画を表示してくれる形となりますので、大きな宣伝効果が得られます。Google検索と同様に検索結果から動画を表示させることにもつながってきますので、できる限り関連動画対策はおこなっておくと良いでしょう。

また、チャンネル登録者数の多い動画の関連動画に表示できれば、1度に多くのユーザーの流入にも期待できますので、ある時期に急に再生数が増えるという効果にも期待ができます。

アップロード済み動画への相乗効果を期待できる

別チャンネルの関連動画から再生された動画を機に、すでにアップロードした過去の動画を再生してくれるというケースもあります。関連動画で再生された動画の質によりますが、どんなチャンネルか、どんな動画を制作しているのか少しでも興味を持ってもらうことで、過去動画の再生につながる機会が増えます。

関連動画からたまたま開いてくれた1つの動画によって、アップロード済みの10~20の動画を再生してくれたり、チャンネル登録をしてもらうことによって、今後アップロードする動画の再生にもつながってくれる可能性がありますので、自身のチャンネル、動画のファンを増やしたいならば関連動画対策はおこなうべきです。

YouTubeの関連動画対策、具体的な施策はコレ!

考える女性

関連動画の概要が分かったら、実際に何をしていけばいいのか実践していきましょう。具体的な対策としては主に動画をアップロードするタイミングでおこない、大きく分けて5つの対策があります。

【5つの関連動画対策】

  • 動画タイトルへの対策
  • 動画説明欄への対策
  • タグへの対策
  • 再生リストへの対策
  • アノテーション機能への対策

動画タイトルへの対策

ユーザーが動画を再生するか決める大切な要素が動画のタイトルです。動画とタイトルの内容は最低限一致していなければいけませんし、タイトルによってどのような動画か一目瞭然であるタイトルが理想です。

タイトルは、他のチャンネルとの動画とも比較され、類似のタイトルであったりジャンルである場合には関連動画への表示がされやすくなります。ただし、人気のチャンネルのタイトルを完全一致で真似してしまうとスパム扱いされて、動画自体の検索がされなくなったり、関連動画への表示はされませんので注意が必要です。また、続編の動画を出す場合には、タイトルに続編と分かるように数字を入れて示したり、前回の続きと分かるような文章を挿入していくことが必要となってきます。タイトルを工夫することによって、関連動画への対策をすることにもつながるということを覚えておきましょう。

動画説明欄への対策

YouTubeの中で唯一、オリジナルの文章で動画を説明できるのが動画説明欄です。キーワードに関連のあるタイトルやURLを入れ、動画の説明をするだけでなく、関連動画対策ができます。

YouTubeのアルゴリズムは公開されていませんが、Google検索同様、文章から検索結果や関連動画を表示させるという点はこれまでの傾向上間違いありませんので、他のサイトからのコピー文章ではなく、オリジナルの文章でキーワードを入れていくことが大切です。具体的な文章の作り方としては、「キーワード + キーワードに付随した事項を入れる」ということを意識し、ユーザーが分かりやすい文章を作成するようにしましょう、ただし、GoogleのSEO(検索エンジン最適化)対策同様に、あまりにもキーワードを入れすぎたり、不自然な文章を作ってしまうとスパム扱いされる恐れがありますので注意が必要です。

タグへの対策

動画への関連付けをするための機能であるタグ。関連動画とのつながりも強いです。タグは「野球」「ホームラン」「三振」など動画がどのジャンルに属しているかを示すためのものとなります。キーワードをもとにユーザーが動画を探しやすくなる便利な機能ですので、関連動画対策をする際には必ずタグの設定もおこなっていきましょう。

タグは複数設定できますが、適切な数は5~10程度、それ以上になると関連動画として表示されないケースがあったり、最悪の場合スパム扱いされてしまいますので注意しましょう。リアルタイムで流行は変化してきますので、大手チャンネルの動画のタグや、Twitterで人気のキーワードなども織り交ぜるということも有効なタグのつけ方となります。

再生リストへの対策

追加した動画を順番に自動再生してくれる再生リスト。特定のジャンルに絞ってリストを作っておくと、ユーザーが動画を再生したときに最後までリスト内にある動画を再生してくれる形となります。また、リスト内の動画の関連度も上がりますので、YouTube側に関連動画として認知してもらえる可能性が高まります。再生リストを作ることは必須ではありませんが、関連動画の対策として余裕があればやっておくと、より成果につながりやすいでしょう。特に、シリーズ化している動画であったり、音楽系のチャンネルであれば連続して再生される傾向にありますので、再生リストは作成しておくべきです。

また、再生リストの作成は、「この順番で見るとストーリーとしてわかりやすい」などの意図があるような場合にも有効です。ユーザーは、いくら関連動画が表示されていたとしても、意図した順番で動画を再生するとは限りません。その点、再生リストがあればユーザーは再生リストを順に再生しますので、 動画の順番にこだわりがあるような場合には、特に有効です。再生リストは特に意図がなければ動画のアップロードの日付順でも構いません。なんにせよ、ないよりはあったほうが良いものです。

カード機能への対策

旧アノテーション機能の代替として追加されたのがカード機能です。これは、動画内にURLや他の動画へのリンクなどを挿入できるものです。その名の通り、カード上の見た目です。他の動画のリンクを貼ったり、関連する動画のリンクやテキストを貼ることによって関連動画対策につながります。1つのチャンネル内で動画を関連をつけることができるので、自身のチャンネル内をセルフで動画に関連付けができるというイメージです。

カードを活用すれば、自分のチャンネルの他の動画への誘導も容易になるため、チャンネル内の回遊率が上がります。ただ、適切なタイミングでカードを表示させないと、単に現在見ている動画を途中離脱することになってしまいます。カードを表示させるタイミングには注意しましょう。カードで関係性の高い動画やリンクを表示することで、よりわかりやすい親切な動画を印象付けることができ、動画全体の質のアップにもつながります。適切に使えば効果的な機能です。

まとめ

複数の動画再生アイコンと、そのうちの一つを押す男性

YouTubeの関連動画対策について紹介してきました。いかがだったでしょうか。関連動画のアルゴリズムは非公開となっていますが、今回説明した機能などを活用することで、関連動画対策が可能となります。「動画のブランディングがしやすい」、「ユーザーの流入を期待できる」、「アップロード済み動画への相乗効果を期待できる」など、複数のメリットがある関連動画対策ですので、積極的におこなっていくことをお勧めします。ただし、関連のないキーワードを無理に挿入するとスパム扱いされてしまうケースも少なくありませんので、不自然にならないように注意しながら対策をしていきましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら