動画制作・編集

iPadで動画編集、どこまでできる?

iPadとApple pencilを操作する女性
SNSやYouTubeに動画を投稿する人が増えてきましたが、スマホで撮影した動画はどうやって編集しているのでしょう?あなたは、スマホの編集アプリを使っているのではないでしょうか?スマホ1台で撮影から編集・投稿までできるので便利ですよね。ですが、無料アプリでできることは限られています。動画内にロゴが残っていて消せない場合もあります。
無料アプリで編集できるのはスマホで撮った動画だけですし、長い動画は作れません。楽しいパーティーの様子を撮影し意気揚々と編集していたら、盛り上がってきたところで切れてしまって悔しい思いをした、という残念な経験はありませんか?
スマホ編集にストレスを感じ始めたあなたには、iPadでの動画編集をおすすめします。iPad編集に必要な物からおすすめの編集アプリまで詳しく紹介しますので、どうぞ最後までお読みください。

iPadで動画って作れるの?

iPadを操作する男性

動画というとカメラかスマートフォンで撮影し、編集するにはPCに読み込んで編集ソフトで行うものだと思っている方が多いのではないでしょうか。ところが最近では、スマホだけで撮影から編集まで完結させる人も増えています。

SNSへの投稿程度であれば、スマートフォンの無料アプリでも十分できます。でも、もう少し本格的に動画編集をしたい人には、iPadでの編集をおすすめします。これから、iPad編集に関する基礎知識から最新情報まで順を追って解説していきます。

まずこの章ではiPadで動画を作ることができるのか?というテーマでお伝えしていきます。もちろん、答えは「YES」です。iPadは動画を撮影することができますし、動画編集アプリを使って編集することもできます。iPadでも動画を撮ることもできますが、多くの場合スマートフォンで撮りますよね。iPadでは、iPhoneや他のスマートフォンで撮った動画を読み込んで編集することもできます。

旅行先で撮影した動画をその場でサクっと編集してSNSに投稿する。こういうシーンに丁度いいアイテムがiPadです。画質もスマホより数段上です。そして、PCより軽くてコンパクトなので荷物にもなりません。

使いやすさの点から言っても、スマートフォンより断然iPadの方が使いやすいです。iPadは画面が大きいので操作しやすく、別売りのキーボードをつければノートパソコンに近い感覚での操作も可能です。また、Apple Pencilを使えば、マウス感覚で細かい作業も簡単にできてしまいます。PCより値段も安く持ち運びに便利なiPadは、気軽に動画を投稿するのにピッタリなアイテムだと言えます。

しかし、iPadは個人的な動画編集には向いていますが、それ単体では仕事用としては少し物足りないかもしれません。1番の難点は容量が小さいことです。動画編集の仕事で扱う動画をiPadで読み込むのは困難です。

動画編集の仕事が最近ブームになっていますが、iPadでもカット・テロップ入れ・BGM、効果音入れくらいならできます。でも、高度なアニメーションを付けることはできませんし、長時間の対談動画などはiPadに読み込むことができません。もしもこれからiPadで動画編集の仕事を始めようと思っているなら、iPadだけでなくPCも併せて購入することをおすすめします。

iPadで動画を作るのに必要なもの

iPadとApple pencilを操作する女性

iPadで動画作成する時に必要なのは、まずiPadですね。同じiPadでもスペックによって価格が大きく変わります。思うように動画を作ろうとするなら、ある程度のスペックが必要になります。この章では、iPadのスペック及びあると便利なアイテムをご紹介します。

iPad

iPad には大きく分けてiPad pro ・ iPad Air ・iPad(無印)と3つのモデルがあります。それぞれのスペックと価格を表にしてみました。

iPad pro iPad Air iPad(無印)
サイズ 12.9インチ 10.9インチ 10.2インチ
CPU A12Z A14 A12
ストレージ 128GB、256GB、512GB、1TB 64GB、256GB 32GB、128GB
動画書き出し速度(フルHD 30P 28分) 7分38秒 7分55秒
SDカードからの読み込み時間 30秒 140秒
ディスプレイ比較 反射が抑えられる屋外使用も可 反射が抑えられる屋外使用も可 反射する。屋内用
Apple Pencil 第2世代 第1世代 第1世代
重さ(Wi-Fiモデル) 641g 458g 460g
価格(Wi-Fiモデル) 104,800円〜 62,800円〜 34,800円〜
価格(セルラーモデル) 121,800円〜 77,800円〜 49,800円〜

動画編集をするなら、ディスプレイが大きい方が扱いやすいですよね。外出時に持っていくことを考えると少しでも軽く薄いタイプがいいと思います。サイズではiPad Pro、軽さではiPad Air。でも、もっと重要なのはストレージや読込み速度、書出し速度です。カメラで撮った動画をSDカードから読込む実験をしたYouTuberがいたので紹介します。

表の、SDカードからの読込み時間を見てください。iPad Proが30秒なのに対してiPad Airでは140秒かかっています。約5倍です。大きな差が出ましたが、動画の書出し時間は20秒程しか変わりませんでした。この結果を見るとCPUの違いによって処理速度が変わる訳ではないようです。iPad(無印)でも動画編集は十分にできそうですね。価格はiPad Proに比べると半額以下とリーズナブルです。ですが、ストレージが小さいので動画を保存する外付けのSSDが必要になるかと思います。

価格には「Wi-Fiモデル」と「セルラーモデル」の2種類があります。「Wi-Fiモデル」は家や店などのWi-Fi環境のある所でしか使えませんが、ポケットWi-Fiを契約しているなら、「セルラーモデル」を購入するより安く使えます。Wi-Fiモデルがおすすめなのは、主に家の中でiPadを使用する人です。家の外でも使用する場合はポケットWi-Fiを契約している人になります。一方セルラーモデルは、Wi-Fiがない所でも気にせず安定してネット接続できますので、外出先で使用する頻度が高い人におすすめです。

iPad周辺機器3選

Apple Pencil

Apple PencilはiPadを操作したり、ちょっとしたメモや絵を描いたりすることができるペン型のデバイスです。見ている画面のスクリーンショットを撮るのもApple Pencilなら簡単にできます。

Apple Pencilには第1世代と第2世代があります。第1世代はLightning端子に挿して充電するタイプです円筒形です。第2世代はiPad本体に磁力でピッタリ付いて自動的に充電されます。本体に接着する面が平面になっているので、机の上に置いていても転がり落ちることがありません。

絵や文字を書くだけでなく、マウスの代わりに細かい操作をすることもできます。使い終わったらiPadに付けて充電すればいいのですから、便利ですよね。価格は第1世代10,800円(税別)第2世代14,500円(税別)となっています。

外付けSSD

編集した動画をiPadに保存していると動作が重くなり安定しませんので、外付けのSSDに保存するのがおすすめです。外付けSSDにはLightning接続タイプとUSB-C接続タイプがあります。Lightning接続タイプはiPad(無印)、iPad-miniに搭載されており、USB-CタイプはiPad Air・iPad Proに搭載されています。使っているiPadに適したタイプを選ばないと接続できませんので、お気を付けください。コンパクトで大容量、しかもお財布にもやさしい外付けSSDを3種ご紹介しておきます。

見出し バッファロー SSD-PH1.0U3-BA SAMSUNG T7 Touch サンディスク エクストリーム ポータブルSSD
容量 500GB 500GB 500GB
サイズ 103 × 9.8 × 31.5mm 138 x101 x 53 mm 96.2 x 49.55 x 8.85 mm
重さ 内容 内容 内容
端子 内容 内容 内容

USB電源アダプタ

電源アダプタはiPadに同梱されていますが、充電に時間がかかってイライラすることがありませんか?充電に不満があるなら、同梱のもの以外にも検討の余地はあるかもしれません。Apple純正品はもちろんのこと、非純正品も含めてチェックして見ることをおすすめします。

iPadで動画編集、良い点と悪い点

吊るされたメモ「MERIT」と「DEMERIT

iPadで動画を編集するのは良い点だけでなく悪い点もあります。両方をチェックしてみましょう。

iPad動画編集の良い点

まず、iPadはノートPCより薄くて軽いので持ち運びに便利です。どこへでも持っていけるので、iPhoneで撮ったシーンをiPadで編集してすぐにSNSやYouTubeに上げることができます。iPadで編集をしている動画リポーターの方は、取材した内容をテキストと動画で発信していらっしゃいます。テキスト記事に動画が加わることで、より伝わるリポートができると言います。仕事でなくても、旅行先で見つけた珍しいものやきれいな風景を撮影して、ナレーションやテキストを付けてSNSで共有することもできます。今を切り取って共有するための動画編集にiPadは不可欠ですね。

次に、iPadは操作が簡単です。タイムラインやクリップの移動はタップでもできますが、Apple Pencilを使えば細かい動作も簡単にできます。手書きでイラストやテキストを入れることもでき、オリジナリティのある動画が作れるのも魅力ですね。

iPad動画編集の悪い点

iPad編集では、カット・テロップ・BGM、効果音入れまではできるのですが、動画にアニメーションを付けることはできません。動画の初めに付けるオープニングアニメーションのような複雑な編集をすることは難しいので、PCによる編集が必要になります。また、iPadは標準ではキーボードがついていないため、ショートカットキーが使えません。PCでの編集に慣れている人にはストレスになるかも知れません。そしてPCではできる一括操作もできません。マウスで選択した範囲を移動するということができないので、編集効率が落ちます。

iPadで動画編集する際の注意点

ビックリマークが書かれた木のキューブ

動画は容量が大きいので、iPadを選ぶ際も容量の大きなものを選んでおく方が無難です。編集した動画は外付けSSDで保管するようにしても、編集する動画容量が大きいと、そもそも読込みができなかったり、動作が重くなったりすることがあるので、注意が必要です。高画質で録画時間が長い動画だと容量は、数十GBになりますので、最低でも256GBは必要になります。

IPadでの動画編集に向いているのは、タイムリーな情報発信です。個人でSNSやYouTubeに投稿したり、機動性のある発信をしたりする場合には最強のツールですが、大きなプロジェクトでの使用は難しいです。あくまでもサブとして素材集めや取材に使用するのがベストでしょう。

iPadで使える動画編集アプリ3選

iPadを操作する女性

iPadで動画編集を始めようと思うとアプリが必要になります。アプリはたくさんの種類がありますが、おすすめの3選を紹介していきます。

iMovie

まずは、iPhoneユーザーにおなじみのiMovieからご紹介します。iMovieは無料で使える動画編集アプリで、動画をトリミングしたり簡単なエフェクトを付けたりすることができます。見たままにクリップを移動させて作れるので初心者にも使いやすいアプリです。テキストを付けることもできますが、表示する位置が固定されています。タイトルやテキストを自由に動かして変化を付けたい人は他のアプリを選んだ方がいいかも知れません。

Luma Fusion(ルマフュージョン)

Luma Fusionは本格的な動画編集をしたい人向けのアプリです。このアプリは機能性が高くPC並みの編集ができます。これまでiPad編集アプリではできなかった、複数のクリップを選択して一括で色味を変えたり、テキストの位置を変えたりすることができるようになりました。

テキストのデザインをプリセット登録する機能もついています。アドビのPremier Proにもマスタースタイルという機能がありますが、全く同じです。1度プリセットに保存しておくと、テロップデザインを1タップで変更することができるので、編集時間が大幅に短縮されます。また、キーボードショートカットも使えるのでサクサク動画編集できてしまいます。ショートカットキーは51個も登録されており、よく使うキーを覚えてしまえば編集スピードがグンと上がること請け合いです。

本格的な動画編集をスピーディーに行えるアプリですが、これだけの高機能ですから無料という訳にはいきません。Luma Fusionの値段は、買い切りで3,680円と有料アプリの中では高めの価格になっています。ですが、Adobe製品だと月額980円(税別)なので、4か月で元が取れてしまう計算になります。この値段でこの高機能なら買って損はないと思います。

Adobe Premiere Rush(アドビプレミアラッシュ)

このアプリはAdobeの編集アプリです。月額課金制の有料アプリですが、スタータープランというものがあり、こちらは無料で使うことができます。書き出し回数やストレージに制限があったりしますが、まずは使ってみて使い勝手がよくなければ購入は見送れば良いのです。まずは無料でお試ししてみてはいかがでしょう。

Premiere Rushは、Premiere Proと違って手軽にサクッと編集できるというコンセプトで作られたアプリです。操作が簡単なので初心者でもすぐに動画を編集することができます。使い方はiMovie と似ていて複雑な操作はなく、見たままクリップを移動してレイヤーに並べるという単純な作業で動画ができてしまいます。Luma Fusionのような本格的な編集はできませんが、VlogをSNSやYouTubeに上げるくらいなら、サクッと編集できるこのアプリがおすすめです。価格はPremiere Rush単体プランだと、月額980円(税別)かかります。

まとめ

iPadを操作する女性

いかがでしたでしょうか?iPadで動画編集することが可能なのか?というテーマで調査した結果をお伝えしてきました。この記事で調査した内容をまとめておきます。

  • iPadは動画を撮ることも編集することもできる
  • iPad編集でできること:カット・テロップ・BGM・効果音
  • iPad編集ではできないこと:複雑なアニメーション・一括操作(アプリによっては可能)
  • iPad編集に必要なもの:Apple Pencil・外付けSSD・電源アダプタ
  • おすすめ編集アプリ:iMovie・Luma Fusion・Adobe Premiere Rush

iPadでの動画編集は、手軽に今を切り取って共有することに最適化されています。持ち運びの邪魔にならず、Vlogや日常的な動画編集にiPadは最適なアイテムだと思います。今後更に編集アプリが進化し、iPadでも今以上に本格的な動画が作れるようになる未来もそう遠くはないでしょう。

WEBでのお問い合わせはこちら