動画マーケティング

採用動画の活用は企業・求職者どちらにもメリットがあるってホント?

複数の面接官を相手に面接を受ける女性
いま、企業が求職者を採用する際、採用動画が活用されることが当たり前の時代となっています。 動画は視覚だけでなく、聴覚からも情報を伝えることができるため、採用動画だけでなく、動画広告など様々なビジネスシーンで活用されています。 採用動画の活用は企業だけにメリットがあると思われがちですが、求職者側にもメリットがあるため、採用動画を活用する企業が増えています。 ただ、企業・求職者の両方にメリットがあると言われても、 「採用動画に実際どのようなメリットがあるのか」 「採用動画はどのようなシーンで活用されるのか」 など、疑問も多いはず。 そこで今回の記事では、採用動画のメリットや活用シーン、成功事例などについて詳しくご紹介します。 ぜひ、最後まで読んでください。

採用活動に動画を活用するメリット

チェックマークの書かれたブロックを積み上げる様子

採用動画を活用することで、企業・求職者どちらにもメリットがあるとご紹介しました。ここでは、実際にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

メリットとしては以下の4つです。

  • 多くの学生に見てもらえる
  • 企業の魅力をより伝えられる
  • 企業の求める人材を集められる
  • インパクトを残して他社と差別化できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

多くの学生に見てもらえる

採用動画の活用の最も大きいメリットは「多くの学生(求職者)に見てもらえる」という点です。

企業が採用する主なターゲットは新卒の学生です。学生はスマホなどネットで企業のリサーチを行うことが多いため、ネットに拡散できる採用動画は、企業の魅力を知ってもらうために有効な方法です。多くの学生に見てもらえれば認知度も高まり、有能な人材を採用できる期待も高まります。また、採用動画で企業の宣伝ができるため、結果として宣伝・広告費等のコストを削減する効果もあります。

企業の魅力をより伝えられる

求職サイトや自社のホームページで画像とテキストのみで企業の魅力を伝えるのには限界があります。画像だけでは社内の雰囲気やどのような感じで社員が働いているのか伝わりません。しかし、採用動画を活用することで、画像やテキストでは伝わらない企業の魅力を伝えることができます。

また、社員のインタビュー動画などを混えることで、リアルの声を聞いて「こんな会社で働いてみたい」と思ってもらえることもあります。
企業のリアルな魅力を伝える手段として、採用動画はとても有効的な手段と言えます。

企業の求める人材を集められる

企業は求職者を採用するにあたり、長期的に続けてもらえる優秀な人材を探しています。求職サイト等でマッチした求職者は企業の魅力を理解できておらず、就職したとしてもすぐに辞めてしまうケースも少なくありません。企業の魅力を知った上で就職してもらうためには、説明会や面接の段階で企業がうまく魅力を伝えられるかが重要になります。そこで、採用動画を活用することにより「この会社で働きたい」という熱意のある人材が多く集まりやすくなります。企業の魅力に惹かれて入社した人材は、長期的に企業に貢献できる優秀な人材の可能性が高いです。

このように採用動画の活用は企業と求職者のミスマッチを軽減してくれるという大きなメリットがあります。

インパクトを残して他社と差別化ができる

いま、採用活動で採用動画を利用している企業の数は年々増えています。そこで、周りを真似て作成した採用動画では複数ある企業で埋もれてしまいます。求人サイト等でリサーチしている学生は、数百社ある企業の中から数社を選んで就活をします。その数社を選ぶ要素として、「印象に残っているか」が重要なポイントとなります。つまり、印象に残りインパクトのある採用動画は、他社とうまく差別化することができます。

採用動画の活用シーン

セミナー会場のイメージ

採用動画を制作した場合、どのようなシーンで活用されるのでしょうか。
活用動画の活用シーンは主に以下の3つです。

  • SNSや動画サイト
  • 企業説明会
  • ホームページや求職サイト

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SNSや動画サイトなどで公開

採用動画を多くの学生に知ってもらう効率的な方法は「ネットで拡散」することです。そのため、採用動画の活用シーンとしてSNSや動画サイトなどで公開されることが多いです。

学生はスマホを利用して、SNSや動画サイトから企業の情報を得ることも多くなっています。その中でも、『Twitter』や『Facebook』といったSNSは拡散力も高く、より多くの学生に認知してもらうことが可能となります。採用動画を利用して、多くの求職者に企業の魅力を届けるために、SNSや動画サイトといったネットを活用するシーンが増えています。

企業説明会で上映する

採用動画はネット上で活用されることが多いですが、そのほかにも様々なシーンで活用されています。その中の1つで、企業説明会で上映して「企業への興味を向上させる」というものがあります。

従来の企業説明会では、社員がパワーポイントなどの資料に沿って、業績や事業などの説明を口頭で行うだけでした。この場合、口頭で説明するだけなので、社員が実際にどのような雰囲気で働いているかなどリアルな環境を把握することはできません。

そこで、採用動画を企業説明会に混ぜることで、口頭で説明した内容に加えて、社内の雰囲気や環境などリアルな情報を伝えることができます。
リアルな情報を付加することで、結果として説明会を聞いた求職者は、企業に興味を持ち応募する可能性が高まります。そのため、企業説明会で採用動画を活用するシーンも増えています。

ホームページや求職サイトで公開

採用動画の活用シーンの1つとして、自社のホームページや求人サイトで公開するというものがあります。自社のホームページに採用動画を公開することで、社名から検索したユーザーへ自社をアピールすることができ、結果としてブランディングにもつながります。特に、社内の仕事風景やインタビューなどのコンテンツを盛り込んでいる場合、ホームページを見るだけでその会社の大まかな情報を1度に伝えることができます。

また、求職サイトに採用動画を公開することで、数多くあるライバル会社と差別化することもできます。求職サイトに公開する採用動画は堅苦しいものより、インパクトのある印象に残りやすいものが良いでしょう。

このように、様々な活用シーンがある採用動画ですが、シーンごとに効果的な動画内容が異なります。制作する場合はどのシーンで使うことをメインとするかで動画の種類も異なってきます。

採用動画を制作するときのポイント

「POINT」と黒板に書く様子

ここまでで採用動画については一通り理解できたのではないでしょうか。ここからは、実際に採用動画を制作するときのポイントについてご紹介します。

ポイントとしては以下の4つが挙げられます。

  • ターゲットを明確にする
  • 目的によって動画の種類を選定する
  • リアルな社員の声や仕事風景を撮影する
  • ストーリー性を持たせてインパクトのあるものを作る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ターゲットを明確にする

採用動画を制作するにあたり、採用したいターゲットを明確にすることが最も重要です。採用したいターゲットを絞って、わかりやすく企業の内容を伝える必要があります。ターゲットが明確になっていない場合、求めている人材が集まらない、期待していた効果が得られないなど、ミスマッチの原因にもつながります。

また、会社の概要説明など、堅苦しい内容のものを制作してしまうと、企業に対しては伝わりやすいかもしれませんが、採用したいターゲットにうまく伝わらなくなってしまう可能性があります。

ターゲットを明確にすることで、動画にどのようなメッセージを盛り込むべきかなど自ずと決まってきます。採用動画を制作するにあたり、はじめに動画のターゲットの明確化を優先しましょう。

目的によって動画の種類を選定する

採用動画と一口に言っても種類がいくつかあります。

  • 事業内容など説明動画
  • インタビュー動画
  • 説明会動画

など。

採用動画の種類を決めるためには、その採用動画をどんな目的で使用したいかを明確にすることです。例えば、ホームページに公開する目的なら事業内容の説明動画、求人サイトに公開する目的なら説明会動画など。

採用動画を活用するシーンによって目的や動画の種類が異なります。目的を明確にしなければ期待する効果が得られなくなったり、逆にマイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあります。採用動画を制作する際は、目的にあった動画の種類を選定することも重要なポイントとなります。

リアルな社員の声や仕事風景を撮影する

採用動画を制作するにあたり、インタビュー動画や仕事風景などのコンテンツを盛り込むことがあります。社内の雰囲気を伝える内容は求職者に、入社後どのような雰囲気で仕事できるか、どのような業務をするのかなどをイメージさせる効果があります。

しかし撮影の際、インタビューが棒読み、社員が緊張してぎこちないなど、不自然な内容になってしまうと、逆にマイナスなイメージを与えてしまうことがあります。

また、メリットだけでなく仕事で悩んでいる姿や試行錯誤している姿などを盛り込むことで、求職者にリアルな内容ということが伝わり、共感してもらいやすくなります。そのためにも、社内の風景を動画に盛り込む際はできるだけ自然でリアルな内容を伝えましょう。

ストーリー性を持たせてインパクトのあるものを作る

採用動画を制作する際、インパクトのある動画を制作することも重要なポイントです。いま、採用動画は数多くの企業が利用しています。
そこで周りと同じような動画を制作してしまうと、埋もれて目立たなくなってしまい、思うような効果が得られなくなってしまいます。

他社と差別化するためにも、

  • インパクトのある動画を作る
  • 動画にストーリー性を持たせる

などを意識して制作してください。

具体的にご紹介するとインパクトのある動画は、

  • ポップなアニメーションを入れる
  • 映画風に作る
  • 有名なタレントを使う

などが挙げられます。

ストーリー性のある動画は、

  • 社員が入社して成長していく姿をコンセプトに作る
  • 予想外なオチをつける

などが挙げられます。

このように、ターゲットの印象に残りやすい動画を制作することで、他社とうまく差別化することができます。

採用動画の成功事例

ここでは採用動画を活用して、実際どのような効果があるのかを、成功事例も交えてご紹介します。

  • 企業をアピールする動画
  • インタビュー動画
  • ストーリー性のある動画

それぞれ詳しく見ていきましょう。

企業をアピールする動画

企業をアピールする採用動画は基本的に企業に対してわかりやすいものが多いです。企業の業績やアピールポイントなどを盛り込んでいるため、企業のホームページ等に掲載されることが多い動画です。ただ、やや堅苦しい内容になってしまうため、ターゲットによっては効果が得られない場合があります。

エイチーム|【採用】企業紹介動画

インタビュー動画

インタビュー動画は社員のリアルな声を反映している採用動画になります。
実際にその企業で働いている人から、働いていて楽しいこと・辛いことなどを聞くことができるため、求職者が実際に働いている未来を想像しやすくなります。

SNSや動画サイト、求職サイトなど様々な場面で効果の高い動画になります。

【貝印】採用動画「KAI GROUP CUTTING-EDGE SPIRIT」

ストーリー性のある動画

採用動画にストーリー性を持たせることで、動画に興味を持ち最後まで見てもらえる動画になります。
ストーリーの中に伝えたいメッセージ等を盛り込むことで求職者に共感を持たせることができます。

ストーリー性のある動画はインパクトも強いため、SNSや動画サイトでも印象に残りやすいです。

株式会社ベルク 採用動画

まとめ

手を握りあうビジネスマン

ここまで、採用動画のメリットや活用シーン、成功事例などについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
採用動画は現在数多くの企業で活用されています。それは以下のようなメリットがあるからです。

  • 多くの学生に見てもらえる
  • 企業の魅力をより伝えられる
  • 企業の求める人材を集められる
  • インパクトを残して他社と差別化できる

採用動画の活用シーンは主に、

  • SNSや動画サイト
  • 企業説明会
  • ホームページや求職サイト

などがありました。様々なシーンに採用動画は活用できることがわかりました。

また、実際に採用動画を制作する際には以下の4つのポイントがありました。

  • ターゲットを明確にする
  • 目的によって動画の種類を選定する
  • リアルな社員の声や仕事風景を撮影する
  • ストーリー性を持たせてインパクトのあるものを作る

採用動画をうまく活用することで、企業は求める人材を採用しやすくなり、求職者としても社内の雰囲気などを事前に知ることができるため、入社後のことをイメージしやすくなります。このように採用動画は、企業・求職者のどちらにもメリットが見込めるものです。まだ採用動画を活用できていない方は、この記事を参考にして採用動画の制作を検討してみてはいかがですか?

WEBでのお問い合わせはこちら