動画マーケティング

効果絶大!?タクシーに動画広告を掲載するメリットとは?

タクシーの後部座席で動画を見る女性
テレビのコマーシャル、雑誌広告、ウェブサイトでの広告など、日々当たり前のように目にしている広告。なかでも広告効果が高く、注目されているのがタクシーでの「動画広告」です。読んで字のごとくタクシー内で見ることができる動画タイプの広告ですが、数ある広告の中でも注目されている理由、魅力について見てみましょう。

タクシー広告の種類

オレンジのタクシー

タクシーに乗ると、目につくのは車内のあちこちにある広告です。ふだんなんとなくでしか見ていないと思っていても、ステッカーや広告を見せると商品やサービスに見覚えがあるという方もいらっしゃるでしょう。一口にタクシー広告とは言っても、さまざまな種類があります。

アドケースでの広告

アドケースとは、運転席・助手席の後ろに取り付けられた、リーフレットを入れられるケースのことを指します。ケースはさまざまなものがあり、数種類のリーフレットが入るものから、大きなリーフレット1つが入るサイズのものなどバリエーション豊富です。乗客に広告を手に取って帰ってもらえるため印象に残りやすいという特徴があり、置き型のため利用料金もかなりリーズナブルです。

アドケースは乗客が座った場所の目の前に来るものなので、ふと目に入り、そのまま手に取ってもらえる確率が高い広告として知られています。

車体(ラッピング)での広告

タクシー本体のラッピングは、サッカー・野球など地元のチームの広告だったり、大手企業の商品に関連した広告だったりとさまざまな種類がありますが、とにかくインパクトが大きいことが特徴です。通常のタクシーと比べて色鮮やかで、目立ちやすいというメリットがあります。アドケースのように設置型ではなく台数が少ないため、話題性が高いというメリットもあります。

ステッカーでの広告

ウインドウステッカーとも呼ばれるステッカー型の広告は、たとえば運転席に取り付けられている防犯ボードに貼られているもの、後部窓ガラス、いわゆるリアウインドウに貼られているもの・後部ドアに貼られているものなど種類も豊富です。

貼り付けるのみで良いため、広告費としてのコストも最小限に抑えることが可能です。これらの広告はただ見てもらうために闇雲に貼られているのではなく、その場所によって効果的だと考えられている広告が掲載されています。

たとえば、後部窓ガラスに貼られている広告は、いったい誰が見るものでしょうか。信号待ちの後続車や、歩行者など、さまざまな人物像が浮かびます。信号を確認するために必ず前方を確認するため、目立つ広告があればついつい見てしまうでしょう。そのため、ドライバーに向けた商品として目薬やガムなどのアピールにつなげることができます。

また、ウインドウステッカーはタクシーの乗客・周囲のドライバー・歩行者など、広く訴求が可能になります。貼るだけで良いという手軽さから手間がかからず、リーズナブルな広告のひとつとして活用されています。

動画での広告

近年急増しているのが動画広告です。運転席や助手席の後部に取り付けるアドケースではなくタブレットを置き、デジタルサイネージによる広告配信をするというもの。

デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクターを使って文字・映像を映す広告媒体のことで、ショッピングモールやエレベーターの中、タッチパネル式の自動販売機などに使われている技術です。

ステッカーやアドケースのように文字やイラストのみの広告ではなく、静止画はもちろん動画によるコンテンツの配信が可能なため、乗客の目に留まる可能性が格段に上がるという特徴があります。

従来の動画広告の配信から進化し、現在はインターネットを経由してタブレット端末に動画配信を行うことができるため、時期や時間によって異なる広告を配信することも容易になりました。

タクシーに動画広告を配信するサービスを紹介

タクシーのイラストを持つ女性

タクシーでの動画広告を配信するサービスは増えており、特に東京都内でのサイネージサービスが多くなっています。動画広告にプラスワンを行い、より効果的なアピールを行うサービスもあるようです。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

運営会社 株式会社ベクトル、みんなのタクシー株式会社
展開地域 東京都内(港区・千代田区・中央区が中心)
タクシー会社 株式会社グリーンキャブ、国際自動車株式会社、寿交通株式会社、大和自動車交通株式会社、株式会社チェッカーキャブ

こちらのサービスでは、東京都内最大の10,000台に及ぶタクシーへのタブレットを搭載。ビジネス場面での移動が多いエリアを狙い、より効率良く動画配信を行っています。

また、よりピンポイントに広告配信を行うために、動画配信の時間帯や曜日指定ができるサービスも行われています。

さらに、次世代タクシーとして登場したJPN TAXI(ジャパンタクシー)を利用し、サイネージサービスとともに、降車時にサンプリングサービスも実施しています。商品を知ってもらうこと、さらに実物を手に取って体験してもらうことが、タクシー乗車のわずかな時間で可能になります。

Premium Taxi Vision

運営会社 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
展開地域 東京都、神奈川県
タクシー会社 日の丸自動車グループ、東都自動車グループ、第一交通産業グループ、神奈川都市交通、神奈中タクシー、ラジオタクシーグループなど

2019年10月想定では約8,000台のタブレットを使い、さらに2020年1月までに14,000台のタブレット設置を目指すとともに、京阪神地域での動画配信もスタート予定とのこと。

共同通信社と連携することで、広告配信の合間にはニュースを配信しています。これによって、より乗客の目線をタブレットに向けることができ、効果的な広告認知効果を得られるということです。

Tokyo Prime

運営会社 IRIS
展開地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡・札幌
タクシー会社 日本交通、帝都自動車交通、東京無線協同組合など

Tokyo Primeは日本最大のタクシーサイネージサービスです。導入台数は2020年1月で25,000台を超える想定で、全国の主要都市に展開されています。六本木の虎ノ門ヒルズや東京汐留ビルディングといったビジネススポットにおいて、専用のタクシー乗り場を持つ日本交通を中心としたタクシー会社がサイネージを導入しています。

日本最大のタクシーサイネージサービスとあって、Google・P&G・Panasonicなどさまざまなブランド広告主に活用されているという実績もあります。

タクシー動画広告の料金とは

電卓と電球

こういったサービスで気になるのが、広告料です。先ほどご紹介しました3つのサービスについて、それぞれの料金を見てみましょう。

THE TOKYO TAXI VISION GROWTH

広告メニューは3種類です。

  • FIRST VIEW…乗車直後、1本目に放映。1枠のみ、最大60秒650万円
  • BUSINESS VIEW…乗車から2~6本目に放映。5枠、30秒450万円
  • ECONOMY VIEW…BUSINESS枠終了後に放映。14枠、250万円

※ 上記は2020年1月〜6月東京版の広告メニューです

Premium Taxi Vision

大きく分けて3つの広告メニューがあり、掲載開始月によってそれぞれ料金が変動する仕組みになっています。特に利用者の多い年末になるほど、料金がアップします。

  • Top Movie…発車直後放映。250万円(10月)、450万円(12月)
  • Advanced Movie…最大4枠、表示順はランダム。200万円(10月)、340万円(12月)
  • Standard Movie…最大10枠、表示順はランダム。150万円(10月)、200万円(12月)

Tokyo Prime

かなりきめ細やかな広告メニューがあるため、よりターゲットを絞ったピンポイントな広告配信が可能になります。

  • Premium Video Ads…900万円
  • Collaboration Video Ads…600万円
  • Standard Video Ads、Target Video Ads、Branded Contents、Area Ads…40~350万円

日経電子版のニュースとともに配信されるCollaboration Video Adsのほか、直接的にサービス訴求がない「コンテンツ」として乗客に楽しんでもらえる動画配信のBranded Contentsなど、目的によって幅広い広告を配信することができます。

また、全国の10都市にサービスを展開しているからこそ、エリア別に広告掲載ができるメニューもあります。各サービスとも、利用する広告枠によってかなりの料金差があることがわかります。

タクシー動画広告の効果や影響力、メリット

女性客を乗せて運転するタクシードライバー

タクシーの動画広告はかなり高額な費用であることがわかりましたが、それに見合ったメリットや影響力はどれくらいあるのでしょうか。まず、タクシーを利用する人物像を考えてみましょう。

  • 出勤時に利用する人
  • ビジネスでの移動を行う人
  • 帰宅時に利用する人
  • 買い物で荷物が多くなった人
  • 終電を逃した人

タクシーを利用するにはさまざまなケースがありますが、多くはビジネスの場面で利用されます。特に東京都内では比較的富裕層、また意欲的な若い世代の利用が多いことがわかっています。

これを踏まえて、ただタクシー車内外に貼られたステッカータイプの動画を利用するのではなく、乗客の目の前で大きなインパクトを与えられる動画広告が利用されるようになりました。

次に、タクシーのサイネージサービスはさまざまな使い方をされています。

  • 商品やサービス、ブランドの認知アップ
  • キャンペーンの周知
  • 他の媒体とは違う幅広いジャンルの広告掲載

商品やサービスの利用につながることはもちろん、単純にブランドの認知に大きく貢献できるとあって、タクシーにおけるサイネージサービスの導入・利用が増えています。キャンペーンの周知・集客にも利用できますし、ターゲットを絞った使い方ができるため効果的な訴求が可能です。

また、タクシーを個室としてとらえたとき、移動の合間にほっと一息つける空間で、リラックスした状態で動画を見ることができます。目の前の動画広告に集中するため効果的に印象を残すことができますし、電車やバス内の広告とは違い、限られた乗客に向けた訴求が可能になっています。

そしてもうひとつ、タクシーの動画広告が利用される理由として挙げられるのが、配車アプリの存在です。いざ乗ろうとしたときにタクシーがなかなかつかまらないという経験をした方は多いでしょう、そこでとても便利なのがスマートフォンひとつで電話もせず、すぐに好きな場所に配車手続きができる配車アプリが役立ちます。好きな場所・好きな時間の予約もでき、予定変更の多いビジネスの場面において重宝されています。 配車アプリのおかげで効率良くタクシーに乗車することができ、待ち時間をぐっと短縮することができます。そのため、タクシー1台あたりの1日の乗客数が増えることから、より動画広告を乗客に見てもらう機会が増えたということです。

タクシー動画広告の活用事例を紹介

では、タクシーの動画広告がどのように活用されているのでしょうか。実際に動画配信が行われているものをピックアップして、見てみましょう。

ベルフェイス【bellFace】

営業特化型のWeb会議システムを提供しており、タレントの照英さんが出演したユーモアあふれるCMで話題になりました。ビジネス・効率化・Web会議という、訴求力の高いキーワードを連想させるCMで、タクシーの乗客に響いています。

クライス&カンパニー

こちらは経営幹部を中心に採用支援を行う人材紹介会社です。動画広告を2017年と早い段階から利用しており、ビジネスにおける悩み解決の期待ができる動画広告を配信しています。

HERP ATS

採用管理プラットフォームを展開するHERP ATS。悩みの尽きない人事採用に関連したスクラム採用について提言、サービスへの興味を膨らませる動画広告を配信しています。

タイムバンク

時間の売買アプリとして一躍話題になったタイムバンク。利用者の業種にかかわらず、さまざまな著名人がブランディングを兼ねて時間の売買を行おうと参加していることからも、経営者や幹部など立場ある乗客に向けた動画広告として効果を発揮しています。

まとめ

TAXI

タクシーのサイネージサービスは進化し続けており、さまざまなアップデートが繰り返されています。

  • タブレット端末の巨大化
  • より鮮明な広告配信
  • ニュースなど他コンテンツとのコラボレーション
  • サンプリングなど他の手法との組み合わせ

今後もより効果的に、より訴求力の高い動画広告が登場するでしょう。

また、2020年は東京オリンピックが開催されることもあり、富裕層への訴求はもちろんタクシーを利用する外国人観光客への動画広告も増えそうです。 訪日外国人向けの動画広告であれば多言語に対応したものの需要が高まりますし、よりグローバルな市場へと成長していくことが考えられます。

それに伴い、さらに今後動画広告の制作に関する需要が高まることも予想できるでしょう。広告制作はもちろん、コンサルティング、リサーチに関連した事業にも大きな注目が集まり、タクシーにおける動画広告のフィールドは拡大の一途をたどります。

東京オリンピックに向けて各サイネージサービスでも、急ピッチでサービス拡大が行われています。 広告配信はさまざまな手法がありますが、とても早くから活用されていたタクシー広告も、サイネージサービスのような次世代のものに変わり、さらに広い地域でも今後利用されていくことでしょう。

WEBでのお問い合わせはこちら