動画制作・編集

YouTube Studioアプリの使い方

スマートフォンを手にする女性と男性の手元
YouTubeチャンネルを運営するとき、チャンネルや動画の分析が重要だとわかっていてもなかなか難しいもの。
「どこをどう見ていいかわからない」「外出先でも簡単な分析ができるようにしたい」そんな悩みを持っている人に、おすすめのアプリがYouTube Studioアプリです。
YouTube StudioアプリではPCと同じ精度の分析が行えるので、外出先でもスマートフォンで簡単に確認可能です。 この記事ではYouTube Studioアプリの機能や使い方の紹介と、どこをどう見るべきか指標もお伝えします。YouTube Studioアプリが使えれば、スキマ時間を利用していつでもどこでも分析できるので、より効率的に運営可能です。ぜひ最後までご覧くださいね。

YouTube Studioアプリとは?

アプリのコンセプトイメージがスマートフォンの画面に映っている様子

YouTube StudioアプリはGoogleが出している無料のアプリで、YouTubeのチャンネル運営を助けてくれるアプリです。もちろんチャンネルの情報はパソコンから確認できますが、外出先から確認するのはやや面倒です。対してYouTube Studioアプリはスマートフォンから確認できるので、ちょっとしたスキマ時間に確認できます。

iOS版とAndroid版があり、スマートフォンユーザーなら誰でも使用可能です。YouTube Studioアプリは、チャンネル運営において重要なデータ分析と管理に特化しています。無料アプリにもかかわらず十分な機能が備わっており、チャンネル運営には必須と言えるでしょう。

YouTube Studioアプリ使い方手順

グラフとプロセス

YouTube Studioアプリを使うには、ダウンロードとログインが必要です。 使っているOSに合わせて、各アプリストアからダウンロードできます。

もちろん「YouTube Studio」と検索してもヒットするので、お好きな方法でダウンロードしてくださいね。

ダウンロードとインストールが終わったら、いよいよ起動です。起動すると簡単な説明のあとに、ログインボタンが現れます。使用している端末でGoogleアカウントにログインしたことがある場合は、チャンネル一覧が表示されます。YouTube Studioアプリで利用したいチャンネルを選べば、使用可能です。 ログインが完了すればチャンネルを分析したアナリティクスや、動画の情報が表示されるダッシュボード画面へと移行します。もしチャンネルを選択し誤っても、右上のアカウント設定から別チャンネルへ切り替え可能です。

YouTube Studioアプリの機能

スマートフォンを見る女性

YouTube Studioアプリでは、左上にハンバーガーメニューと言われる「三」のマークがあります。このメニューから、YouTube Studioアプリの機能が使用可能です。

メニューに表示されるYouTube Studioアプリの項目には、以下の5つがあります。

  • ダッシュボード
  • 動画
  • 再生リスト
  • コメント
  • アナリティクス

それぞれの機能について簡単に解説していきますね。

ダッシュボード

ダッシュボードは、ログインした直後に表示されるメイン画面でもあります。ホーム画面と考えて問題ないでしょう。ダッシュボードでは、下記の3つの情報が確認できます。

  • チャンネル名
  • アナリティクス
  • 動画

上部に、チャンネル名とチャンネル登録者数が表示されます。

次に、チャンネルの簡単なアナリティクスが確認可能です。

アナリティクスでは、

  • 総再生時間(分)
  • 視聴回数
  • チャンネル登録者数の変化

が確認でき、中でも重要なのはチャンネル登録者数の変化でしょう。チャンネル運営にとってチャンネル登録者数といった結果も重要ですが、それよりもどう変化したかが非常に重要です。ダッシュボードですぐに確認できるのは、時間短縮にもなって嬉しいですね。登録者数が増えたときの喜びを、すぐに感じられるのもポイント。ダッシュボードでは、最後に動画の情報が確認可能です。

細かいアナリティクスは表示されませんが、下記の4つの情報がわかります。

  • 再生回数
  • コメント数
  • 高評価数
  • 低評価数

最低限の情報といったところで、こちらもダッシュボードですぐに確認できるのが嬉しいポイントです。アップロードした動画の最新情報だけ知りたい場合は、YouTube Studioアプリを起動するだけですぐに確認できるので、手軽で使いやすいですね。

動画

動画メニューでは、アップロードされた動画とライブ配信の設定を変更できます。

変更できる内容は、下記の通りです。

  • 動画の概要
  • サムネイルの編集とダウンロード
  • 動画の公開状況の変更(公開、限定公開、非公開、公開予約)

タイトルの変更や説明欄の編集のように、動画の概要編集についてはしっかりと対応しています。必要に応じて外出先でも編集できるのは嬉しいですね。また、動画の公開状況も変更することができます。特に緊急事態で動画を非公開にする必要が生じたときは、かなり助かるのではないでしょうか。

ただ残念ながら動画そのものの編集や、アップロードはできません。編集やアップロードはPCで行うか、編集アプリやYouTubeアプリを利用しましょう。ただしサムネイルはアップロードもできるので、スマートフォン1つでサムネイルの作成からアップロードまで可能です。サムネイルは動画の入り口となる大切な部分で、動画を観てもらうための重要な役割を持っています。外出先でも編集できるので、常によりよいものにアップデートしていきたいですね。

ほかにも動画単位でのアナリティクスを確認できます。ダッシュボードで確認できる内容と違い、動画メニューで確認できる内容はかなり細かいものです。その動画が何分ほど視聴されているか確認できる視聴者維持率や、インプレッション数が特に重要と言われています。インプレッション数とは簡単に言うと、視聴者の画面内に動画が1秒以上表示された回数のことです。動画単位で傾向を分析して、いい動画を作れるように研究しましょう。

再生リスト

再生リストメニューでは、再生リストの編集ができます。しかし編集と言ってもタイトルや公開状態の切り替えのような編集だけで、動画の追加や削除はできません。あくまで簡単な作業のみ、ということを覚えておきましょう。

コメント

YouTubeに動画をアップロードしているクリエイターにとって、視聴者からのコメントは何よりも嬉しい贈り物のひとつと言えます。さらにそれだけではなく、今後の活動の参考になる大切な意見です。コメントメニューでは、動画についたコメントが簡単に確認できます。

さらに設定で、コメントに対する通知設定を下記のように変更可能です。

  • すべてのコメントの通知が届く
  • 重要なコメントの通知が届く
  • すべてのコメントの通知を解除

YouTube側が重要かどうかを判断しているようなので、自身にあった通知設定に変えておきましょう。届いたコメントは順番に表示され、簡単に♡を送れたり返信したりできます。スキマ時間を利用して手軽にできるので、ぜひ利用したい機能です。♡や返信をもらえると、視聴者はとても嬉しいもの。素早さを心がけるとファンになってくれる可能性が高まるので、決しておろそかにできない機能ですね。

アナリティクス

YouTube Studioアプリの醍醐味とも言えるのが、このアナリティクスメニューです。ダッシュボードよりも詳しく、チャンネルの分析情報を知ることができます。動画メニューで見られたのが動画単位であったのに対して、アナリティクスメニューではチャンネルの分析内容をチェック可能です。PCで見られるものと同様の内容で、非常に細かく確認できます。総再生回数やインプレッション数、視聴者層まで把握できるため、丁寧に分析すればチャンネル運営に必ず役立ってくれるでしょう。

YouTube Studioアプリで見るべき項目

チェックリスト

たくさんのデータが確認できるYouTube Studioアプリですが、すべての項目を分析しているといくら時間があっても足りません。そもそもYouTubeのチャンネル運営は、動画の企画・撮影・編集とかなり時間がかかるものです。分析もYouTubeのチャンネル運営で重要ですが、時間をかけすぎて撮影できなければ意味がありません。

ここでは、特に重要と言われている分析項目を紹介します。

  • 到達経路
  • 視聴回数
  • 視聴者維持率

上記の3つについて解説します。

到達経路

到達経路とは、どのようにして動画にたどり着いたかわかる項目です。

表示される項目は以下の通り。

  • インプレッション数
  • インプレッションのクリック率
  • トラフィックソースの種類
  • 上位の外部ソース
  • 上位のYouTube検索キーワード
  • この動画にトラフィックを誘導している上位の動画
  • この動画を再生している上位の再生リスト

この中でも特に重要なものを、順番に解説します。

まずインプレッション数とクリック率に注目しましょう。インプレッション数に対してクリック率が低ければ、視聴者の目にはとまっているのにクリックされていないと言えます。つまり原因は、動画のサムネイルやタイトルにあると推測できますね。サムネイルやタイトルを作り替えることで、ぐんと伸びる可能性があります。動画によって偏りがあるなら、共通点を見つけることで改善できるかもしれません。

トラフィックソースの種類では、流入元の種類を確認できます。ほとんどの場合は自分でコントロールできるものではありませんが、一部は改善可能です。関連動画からの流入が弱い場合は、サムネイルやタイトルを魅力的な物に変更するといいでしょう。外部からの流入が強い場合は、その外部サイトに意識して投稿するとさらに強力な到達経路になり得ます。ないがしろにするとチャンスを失いかねないので、しっかり確認しておきましょう。

上位のYouTube検索キーワードも目を離してはいけません。特に気をつけたいのは、自身の狙った検索キーワードと違っていた場合です。再生数が伸びていても、検索キーワードが違っていれば集客に成功したとは言えません。狙った検索キーワードと実際の到達経路が同じであれば、今後も同じ運営戦略でいいと言えます。

視聴回数

動画の視聴回数も大事な指標です。視聴回数を見るときは、単純に再生された回数を見ても大きな意味はありません。重要なのは一定期間を切り取って、視聴回数の推移を確認することです。その動画は万遍なく毎日再生されているのか、特定の時期にのみ多く再生されているのか確認してみましょう。もちろんその理由を考えることも必須です。全ての動画を確認するのは大変ですが、これを行うと自身のチャンネルや動画の傾向が見えてきます。

例えばキャンプ動画であれば夏にもっとも伸びるでしょうし、スノーボードの動画は夏より冬に伸びるでしょう。ここまでわかりやすくなくても、チャンネルの傾向は必ずあります。自身のチャンネルで弱いところがわかれば、それを補強していきましょう。冬でもできるキャンプの動画や、シーズンオフにやっておくべきスノーボードの練習動画などです。

このようにチャンネルや動画を分析して、検証していくことが成功への何よりの近道です。闇雲にあれこれと試すより、よっぽど時間が短縮できますね。

視聴者維持率

視聴者維持率とは、視聴者が最後まで動画を観たかを示す数字です。100人が動画を観て、最後まで観たのが40人なら視聴者維持率は40%。視聴者維持率が高ければ、最後まで観られるいい動画と言えるでしょう。

また平均視聴時間の確認もできます。これは、どの時点で視聴者が離脱しているのかを示す指標になります。よく離脱されている時間には、何か原因があることがほとんどです。1分も経たないうちに離脱されるときは、オープニング部分が長すぎることが考えられます。導入が長すぎて、本題に入る前に離脱されてしまうパターンですね。聞き慣れない言葉かもしれませんが、とても大事なので必ず確認しましょう。

YouTube Studioアプリで効率的にチャンネル運営をしよう!

道路でジャンプをするスーツのビジネスマン

YouTube Studioアプリを使うことで、効率的なチャンネル運営が可能になります。チャンネル運営とは、動画を上げ続けることだけではありません。大事なのは、裏方作業とも言える分析・検証です。YouTube Studioアプリがなければ、基本的にはPCでいちいち分析・運営しなくてはいけません。PCを開くよりもスマートフォンのアプリを開く方が、はるかに簡単に分析をスタートできるのは、スマートフォンユーザーなら理解いただけるはずです。

また分析・検証を怠れば、視聴者の求める動画を作り続けることは不可能です。分析・検証に時間をかける必要はありますが、YouTube Studioアプリを使うことで劇的に短縮できるのは間違いありません。

まとめ

スマートフォンを見る女性の手元

YouTube StudioアプリはYouTubeで活動しているクリエイターなら、ダウンロード必須のアプリです。必要十分以上の機能が盛り込まれており、スマートフォンで手軽に確認できるのでスキマ時間に利用できます。

メニューは厳選された5つなので、使いにくいこともありません。メニューが少ないわりに内容はかなり細かくボリュームがあるので、初めはどこを見ればいいか迷うかもしれません。利用していくうちに掴めてくると思いますが、最初は到達経路と視聴回数、視聴者維持率を指標にするとよいでしょう。もちろんチャンネルにあった指標がわかれば、それも参考にしていくといいですね。

大切なのは定期的に確認すること。なんとなく気づいたときに確認する、といったことは避けましょう。データはできるだけ毎日取得して、分析しなければ意味がありません。スマートフォンで確認できるので、毎日利用することはそう難しくないでしょう。ぜひデータを有効に活用して、効率的にチャンネルを運営してくださいね。

WEBでのお問い合わせはこちら